2021年の社会人野球日程、スポニチ大会は3月8日から

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

日本野球連盟は来年度の社会人野球の日程を発表した。東京オリンピックが開催されるため、今年と同じく6月に日本選手権、11月に都市対抗野球が行われる。

スポンサーリンク

2021社会人野球日程

大会開幕日
東京スポニチ大会3月8日
静岡大会4月3日
長野知事旗大会4月7日
四国大会4月7日
岡山大会4月16日
日立市長杯4月16日
京都大会4月25日
ベーブ・ルース杯5月1日
九州大会5月7日
東北大会5月8日
北海道大会5月17日
全日本クラブ野球選手権5月29日
社会人野球日本選手権6月29日
都市対抗野球11月28日

昨年は新型コロナウイルスの影響により、東京スポニチ大会から日本選手権、クラブ選手権までが中止となり、秋の都市対抗野球の予選と本戦がようやく開催された。来年は3月から予定通りの日程で開催されることを願いたい。

来年の社会人野球は、現時点でドラフト1位指名確実と言える存在がいない。しかし、都市対抗野球で154キロを記録し、JFE東日本を下した廣畑敦也投手や、151キロを記録したTDKの鈴木大貴投手、JFE東日本の大谷輝龍投手、JR東日本の山田龍聖投手、NTT東日本の稲毛田渉投手、火ノ浦明正選手、三菱重工Eastの上野翔太郎投手、Honda鈴鹿の八木玲於投手、三菱重工Westの森翔平投手、JR四国の水野達稀選手、Honda熊本の山本卓弥選手などが注目される。

また、今年のドラフト会議で指名漏れとなり来年の指名を目指すセガサミー・森井絃斗投手、TDK・小木田敦也投手、Hondaの小野大夏投手、Honda鈴鹿の松本竜也投手、NTT西日本・大江克哉投手、日本新薬・福永裕基選手なども、今年、アピールする機会が少なかったため、来年は春先から大きくアピールしたい。

2021年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年ドラフト会議、主なドラフト指名漏れ選手
評価されていた選手の中で、ドラフトで指名漏れとなった主な選手を挙げます。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/jaba-official-image-bucket/wp-content/uploads/2020/12/18154949/2021%E5%B9%B4%E5%BA%A6JABA%E5%85%AC%E5%BC%8F%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E6%97%A5%E7%A8%8B%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.pdf

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント