東北楽天が2017年のドラフト会議で指名した10選手の入団発表を行った。選手の紹介とチーム戦力のアップ度を予想してみる。

広陵高, 中村奨成

広島カープはドラフト1位で指名した広陵高校の中村奨成選手と、契約君1億円、出来高払い5000万円、年俸800万円で仮契約を交わした。背番号22に中村選手は喜びを示した。

清宮幸太郎, 早稲田実

北海道日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎選手の背番号が21に内定したことが分かった。

国学院大, 山崎剛

東北楽天はドラフト3位で指名した国学院大の山崎剛内野手と、契約金5000万円、年俸1000万円で入団合意した。

蔵本治孝, 岡山商科大

東京ヤクルトはドラフト3位で指名した、岡山商大の蔵本治孝投手と、契約金5000万円、年俸800万円で仮契約を交わした。背番号は22。

星槎国際湘南, 本田仁海

オリックスはドラフト4位で指名した星槎国際湘南の本田仁海投手と、契約金4000万円、年俸500万で仮契約を交わした。背番号は46に決定した。

菅野剛士, 日立製作所, 明治大

千葉ロッテはドラフト4位で指名した日立製作所の菅野剛士選手と、契約金5000万円、年俸1150万円で仮契約を交わした。

日大三, 櫻井周斗

横浜DeNAは、ドラフト5位で指名した日大三の櫻井周斗投手と、契約金300万円、年俸550万円で仮契約をした。

Honda, 永野将司

千葉ロッテはドラフト6位で指名したHondaの永野将司投手と、契約金3000万円、年俸770万円で仮契約を交わした。

NTT西日本, 大城卓三

巨人はドラフト3位で指名した、NTT西日本の大城卓三捕手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク
PAGE TOP