千葉ロッテドラフト1位・松川虎生捕手、池田来翔選手が練習試合でマルチ安打、井口監督「勝負させる位置に」

千葉ロッテルーキーニュース

千葉ロッテが東京ヤクルトと練習試合を行い、ドラフト1位の松川虎生捕手、ドラフト2位の池田来翔内野手がマルチ安打を記録した。

スポンサーリンク

勝負させる位置にいる

高校卒ルーキーのドラフト1位・松川虎生捕手はこの日、初回に東京ヤクルトの奥川投手と対戦すると、詰まりながらもライト前に運ぶヒットを放った。2打席連続でヒットを放ち、マルチ安打を記録した。

この日は3試合連続でスタメンマスクを被った。前日は佐々木朗希投手の速球を受けると、この日は緩急が持ち味の左腕・佐藤奨真投手をリードし、3イニングをノーヒット無失点に抑える好投を引き出した。4回に国吉投手に変わると2失点したが、捕手としても結果を残している。

この活躍に井口監督も「勝負させる位置にいる。今、勝負させている。ゲームをつくれているし、今までの捕手陣にない打撃もある」と高く評価、今年の1軍の戦力として見ている。松川選手もその気で、「開幕1軍は僕の中でもありますし、本当に残りたいです」と話した。

また、ドラフト2位の池田来翔選手もこの日は3安打を放ち、3試合連続マルチ安打を記録した。対外試合4試合で打率は.533、この日は守備で2つのエラーと課題も見せたが、1番バッターとして力を見せている。

千葉ロッテの主力組はこれから宮崎に移動をするが、池田選手も遠征メンバーに残ることが決定した。しかし、セカンドのレギュラーの中村奨吾選手も合流をすることから、井口監督はサードでの起用を示唆、大砲候補の安田選手とのポジション争いとなる。

ドラフト1位、2位で補強ポイントの野手を指名した千葉ロッテ、その選手が早い段階で結果を残している。このまま開幕1軍を手にして戦力となれば、非常に大きい。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
【ロッテ】1位ルーキー松川虎生プロ初マルチ安打 井口監督が「勝負させる位置にいる」と鼓舞:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇20日 練習試合 ヤクルト6―8ロッテ(浦添) ロッテのドラフト1位ルーキー・松川虎生捕手(18)=市和歌山高=が3試合連続でスタメ...
【ロッテ】ルーキー池田来翔が3試合連続の複数安打で宮崎遠征に残留決定 井口監督は三塁起用も視野に:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇20日 練習試合 ヤクルト6―8ロッテ(浦添) 名前は「ライト」だけど、その活躍ぶりは超ヘビーだ。ロッテのドラフト2位・池田来翔(ら...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント