侍ジャパンU18代表(2019)の選出メンバー予想

明日の準決勝終了後に、8月30日から韓国で行われるU18W杯の代表が発表される。代表メンバーを予想してみます。

侍ジャパンU18日本代表(2019)選手の予想(20名)


選手名 高校 身長体重 特徴 球速 ラン

佐々木朗希
1次候補
大船渡
3年
190cm86kg
右右
163キロ速球に変化球をコントロール
140キロのフォークは圧巻
163 特A
奥川恭伸
1次候補
星稜
3年
183cm84kg
右右
154キロの速球と多彩な変化球を
抜群の制球力で決める
154 特A 
宮城大弥
1次候補
興南
3年
172cm80kg
左左
149キロの左腕は抜群安定感
鋭い変化球も気持ちも十分
149 A
西純矢
1次候補
創志学園
3年
183cm80kg
右右
154キロ速球を投げ
インローにスバッと決める投球圧巻
154 特A
前佑囲斗
1次候補
津田学園
3年
182cm87kg
右右
152キロ記録の右腕
動く球に変化球の精度も高い
152 A
林優樹
1次候補
近江
3年
172cm62kg
左左
左のリリーフ
抜群の制球力で相手バッター崩せる
  B+
中森俊介 明石商
2年
181cm79kg
右左
151キロ右腕でリリーフでもすごい球
昨年に奥川投手のように来年への繋ぎ
151 特A

東妻純平
1次候補
智弁和歌山
3年
174cm75kg
右右
遠投120mの強肩はもちろん
5度の甲子園で経験NO.1、打撃も期待
  A
山瀬慎之助
1次候補
星稜
3年
177cm82kg
右右
肩で相手を封じ込める力がある
奥川投手専用捕手も
  B+
藤田健斗
1次候補
中京学院大中京
3年
173cm73kg
右右
肩・フットワーク・リードなど総合力高い   B+


武岡龍世
1次候補
八戸学院光星
3年
178cm76kg
右左
攻めの守備と打撃
パンチ力と足もある
  B+
黒川史陽
1次候補
智弁和歌山
3年
182cm82kg
右左
打撃苦しむも二塁守備と
リーダーシップを期待
  B+
韮澤雄也
1次候補
花咲徳栄
3年
177cm80kg
右右
対応力高い守備と打撃は木製バット有利
ユーティリティープレーヤー
  B+
近藤遼一 八戸学院光星
3年
175cm90kg
右右
一塁は重要なポジション
専門の選手の中で長打力ある
  B
石川昂弥
1次候補
東邦
3年
185cm87kg
右右
押し込む力で逆方向にも長打
サード専門で不動の存在に
  A
遠藤成 東海大相模
3年
178cm82kg
右左
長打力と肩に特化
投手としての起用も
  B+
内山壮真
1次候補
星稜
2年
172cm72kg
右右
守備の良さと長打力も発揮
正遊撃手候補
  特A


井上広大 履正社
3年
187cm94kg
右右
右の大砲として頼れる存在
DHで起用できる
  B+
大久保翔太 関東第一
3年
172cm68kg
右左
抜群の俊足で内野安打量産
外野の守備範囲も広がる
  B
来田涼斗
1次候補
明石商
2年
180cm82kg
右左
俊足とパンチ力
恐怖の1番バッター
  特A

投手

佐々木投手と奥川投手をローテーションの中心に、宮城投手は先発とリリーフを期待。西投手、前投手も先発としてもリリーフとしても投げられる。ポイントとなる左のリリーフに林投手を指名、特徴がある投手で、相手を崩せる。

中森投手は疲労次第でもあるが、リリーフとしての力と来年につなぐという意味を込めた。本来ならばリリーフで魂を見せる習志野・飯塚投手か。

捕手

捕手の3人は固そう、守備、肩は非常にハイレベルで過去最強の捕手陣。

内野手

ショートは武岡選手でチャージを見せたいが、木製バットや国際ボールにアジャストできない場合に、対応力のある内山壮真選手や韮澤雄也選手を起用。韮澤選手はサードやセカンドでも対応できる力があり、内山選手は捕手もできる。そして東海大相模の遠藤選手は攻撃型の布陣で起用したい。他には2年生だが習志野の角田勇斗選手は攻守に素晴らしいプレーを見せており、特に追い込まれてからの必死の打撃が素晴らしかった。2年生が増えても良いのであれば内山と共に選出したい。

セカンドとサードは黒川選手と石川選手で固定したいところ。黒川選手は打撃では下位を打つ事にかるかもしれないが、リーダーシップを期待。

またファーストは重要なポジションで専門職を入れたい。一次候補ではいなかったため、甲子園組から長打力の期待できる近藤選手を起用。星稜の大高選手なども候補になるかもしれない。

外野手

履正社の井上選手は木製バット対応の怖さはあるものの、頼れる主軸としての打撃を期待。DHとしての起用となりそうだ。

外野のキーマンは明石商・来田選手。守備範囲も広く、1番バッターとしても主軸としても期待できる。

外野のもう一人を履正社の桃谷惟吹選手、強肩の高岡商・堀裕貴選手、外野も守れ木製バットでも打てそうな旭川大高・持丸泰輝選手などと迷うが、守備ができ、足の特徴を生かせる大久保翔太選手を入れた。木製バットで打球が死ねば、内野安打も期待したい。

本来は外野手3人、内野手7人の体制だが、外野を守れそうな選手が少なく、井上選手はDH起用となりそうで、外野手4人という体勢になるかもしれない。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)1次候補
2019年夏の甲子園ドラフト番付
侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)・・・昨年の代表


PAGE TOP