全日本大学野球選手権(2018)、準々決勝の対戦カードと注目選手

全日本大学野球選手権は準々決勝4試合が行われます。対戦カードと、カード毎の注目選手をまとめました。

神宮球場(第1試合)

東北福祉大学
綱脇慧1年
180cm81kg 右右
  東京城南ボーイズでプレーし、花咲徳栄に進学。1年生の時は球速も120キロ台で夏の甲子園もスタンドからの応援、公式戦の登板もなかったが、その秋から急激に成長し135キロを記録している。 B+
注目
椋木蓮1年
179cm71kg 右右
  高川学園出身で、大学1年春に、リリーフとして1回を投げると、144キロの速球で2つの三振を奪い無失点リリーフをした。 B+
三浦瑞樹1年
175cm65kg 左左
  神奈川・瀬谷ボーイズ出身 左の技巧派投手で2年夏の甲子園で2番手投手として3試合に登板、創志学園戦は5回9安打4失点(自責点1)、鳴門戦は4回2/3で7安打6失点と抑えることはできなかった。 B
生沼涼2年
182cm72kg 左左
  スイングスピードが速く広角に鋭い打球を放つ強打者 B+
益田敦成2年
178cm83kg 右右
  光星の右の長距離砲。秋季東北大会は不振だったがセンバツではパワフルな打撃が期待される。 B+
元山飛優2年
176cm66kg 右左
  1年生から佐久長聖の1番バッターを任される。 3年の現在は24本塁打に146キロを記録する強肩を見せる。 B+
注目
山野太一2年
170cm70kg 左左
  MAX145kmの本格派左腕。 変化球のキレも冴える B+
中塚京佑2年
174cm69kg 右右
  守備の要、打力も凄まじい B
楠本晃希2年
173cm70kg 右右
  2年生次に夏の甲子園にて背番号16でメンバー入り。 B
森下慶四郎2年
170cm65kg 右右
  俊足強肩強打の走攻守3拍子揃った能力が高い選手でございます。 C
岩崎魁人3年
172cm75kg 右右
  広角に鋭い打球を飛ばす九州国際大付の逸材外野手。2013年秋(1年時)、第133回九州地区高校野球福岡大会では、1年生ながら6番右翼手として出場し、準決勝の小倉戦で二塁打をマークするなど、攻守にわたる B+
内野琢麻3年
173cm71kg 右右
  強肩、強打で俊足の逸材捕手 手首が柔らかく左右へ打ち分けの出来るチャンスに強い強打者 B+
注目
津森宥紀3年
177cm75kg 右右
  和歌山東高校3年時に最速147km/hを計測した速球派サイドスロー、ストレート主体の投球スタイル 東北福祉大学では1年春から公式戦に登板、全日本大学選手権でも救援として東農大オホーツク・九州産業 B+
春野航輝3年
184cm98kg 右右
  和歌山県岬町出身で中学時代は和歌山キングタイガースでプレーした。1年秋まではほとんど試合に出ていなかったが、2年春のセンバツでは7番ライトでスタメン出場すると、明徳義塾との延長15回の死闘の中で7打席 B+
溝口慶周3年
171cm75kg 右左
  地肩が強くキャッチャーで打撃能力が高い.ピッチャーとしても重い球を投げる。 長打力も魅力で打撃を活かすため外野手としても出場する。 2年夏の愛知大会決勝では逆転となる3ランホームランを放ち、甲 B+
八木彬3年
179cm82kg 右右
  八戸学院光星に入学すると、1年春に練習試合で先発し140km/hを記録して2完封を挙げるなど期待されている右腕。  夏の前に右肩を痛めると、夏の青森大会準々決勝の弘前学院聖愛戦では、1-2の九回に B+
奥沢幸村4年
179cm82kg 左左
  力強いスイングが鋭い打球を放ち長打も打てる強打者 B+
渋谷裕也4年
186cm82kg 右右
  盛岡大付属のパワーヒッターで一発がある。 B+
島原達也4年
186cm82kg 左左
  制球はまだまだだが130km/h後半を記録し、カーブ、チェンジアップなど変化球で打ち取る投手。  楽しみな大型左腕投手。 B+
清水敬太4年
181cm70kg 右右
  腕の振りが良くキレがある球を投げ込む大型右腕! B+
田中巧馬4年
177cm85kg 右右
  山下が怪我で捕手ができないために、秋一年生ながら5番捕手で出場 B+
成田雄樹4年
180cm73kg 右右
  横浜市立共進中学校では神奈川ボーイズでプレーした。カーブでタイミングを外し、130km/h後半のストレートを打たせて取る。 B+
西山裕貴4年
173cm74kg 右両
  春日部ボーイズ時代は鶴岡一人記念大会・関東選抜チームの一員。 グラブ捌き、スローイングの速さが光るショート。華麗なプレーは見栄えする。 一方、高校入学後に左打ちにチャレンジするが打撃に悩むきっ B+
深江大晟4年
176cm75kg 右右
  ウェートトレーニングで体を鍛え、ベンチプレスで110kgを挙げられるまでなると、3年センバツ前の練習試合では9試合で3本塁打を放った。  守備でもセカンドを守り、ホームランを打てるセカンドとして B+
注目
藤川昂蓮4年
183cm83kg 右右
  最速152キロで、プロ目指す。 京都外大西時代は控え投手で3年夏も初戦敗退と力を見せられなかった。 大学では入学時は143キロだったが、3年生の秋に149キロを記録 4年春には152キロを記録し B+
堀江一朗4年
177cm78kg 右右
  高崎中出身。宮城県選抜ではエースとして活躍。 スライダーのキレがよい。 B+
藤森大成4年
167cm66kg 右左
  小柄ながらパンチ力がある 肩も強い B-
白鴎大学
大関竜登2年
182cm70kg
  秋の大会では本職は一塁手。 打撃 四番を打ち長打力がある。 投手 秋の大会ではエース上野との二枚看板として活躍。 最速138㌔のキレがかなりいいストレートと鋭い落ちる球が持ち味。 B+
大橋悠介2年
180cm75kg 右右
  力強いスイングから鋭い打球を放つ能力が高い強打者 B+
若杉玲哉2年
182cm85kg 左左
  力がある球を投げるピッチャーでバッティングも良く野手としても楽しみな選手! B+
注目
大下誠一郎3年
172cm87kg 右右
  中学時代はボーイズリーグ小倉バディーズ。 オールジャパン選出。投手としては最速141㎞で オールジャパン世界大会優勝時の優勝投手。 しかしながら投手以上に打者としての素質に魅力あり。 B+
後藤敦也3年
177cm75kg 右左
  長打が打てる左の好打者。 1か3番を打てるセンスを持つが 今季は攻撃型2番打者として活躍。 B+
中村伊吹3年
180cm65kg 左左
  クセ球が持ち味。タイミングを外して打ち取る。制球力があり、牽制もうまい。 長身でしなやかな腕の振りからキレの良い144km/hの速球を投げ、打者のタイミングを外すカーブなどで打ち取る。 B+
福田恭平3年
175cm73kg 左左
  130km/h前半だがスライダー・カーブ・ツーシームなどの変化球でコーナーを丁寧に突き安定感のある投球をするサウスポー 2年春の地区予選決勝で強豪仙台育英打線を延長10回4安打無失点完封と完全 B+
ラミレスレンソ3年
173cm85kg 右右
  体にバネがあり身体能力が高く力強くてスイングスピードが速いスイングから鋭い打球を放つ能力が高い強打者 B+
渡邊峻平3年
176cm65kg 右右
  球速・球のキレ・伸び・コントロール等バランスのとれた投手。 B+
中川怜士3年
183cm83kg 右右
  運動能力が高く地肩の強さと力強いスイングが魅力のプレイヤー B
内川元気3年
172cm70kg 右左
  運動能力が高く野球センス抜群で攻守ともにレベルが高い遊撃手 C
金子莉久3年
168cm62kg 右左
  スイングスピードが速く広角に鋭い打球を放つ俊足強打の能力が高い選手 C
安藤幸太郎4年
181cm77kg 左左
  しなりがある腕の振りからキレが良い球を投げるサウスポー B+
越澤聡4年
181cm76kg 右左
  ストレートに球威があり、スライダーがキレる。 努力家であり、これからの成長に期待できる。 B+
ジャーマイアス賢三4年
180cm70kg 右右
  父はヨーロッパ出身も本人はカナダ生まれで福岡県の小倉シニアに所属していた中学時代から勢いがある球を投げ注目されていた投手です。 B+
菅原直輝4年
173cm70kg 右右
  中学時代に全国制覇し霞ヶ浦高校では1年春から三番ショートのレギュラーとし活躍! B+
比嘉新4年
185cm88kg 右右
  鋭い腕の振りから威力がある球を投げる能力が高いピッチャー B+
龍昇之介4年
175cm75kg 右左
  長打も打ててコンスタントにヒットも打てる選手!西短のエース小野からもスタンド中段へホームランも放ってる 九国出身の龍幸之介の弟でプレースタイルも似ている B+
大川公輝4年
174cm74kg 右左
  バットコントロールが上手く、シュアなバッティングで出塁率も高い。 C
小川真希4年
170cm70kg 右右
  野球センス抜群で地肩が強い強肩強打のキャッチャー C

 

神宮球場(第2試合)

東日本国際大学
齋田海斗2年
180cm70kg 右左
  大学2年で4番を打ち、2年春のリーグ戦で3本塁打、11打点を記録、打率も.382を記録した。 仙台育英では1年生ながら明治神宮大会では背番号17でベンチ入り。、2年春のセンバツに出場した。 B+
菅原優輝2年
175cm68kg 右右
  楽な構えから反対方向にキレイに返すことができる、打撃技術の高い選手。 三振数が少なく、投球に逆らわない打撃ができる。 B+
杉山海斗2年
178cm73kg 右左
  走・攻・守どれをとってもぬけてる選手 スイングはしなやかで打球の強さを感じる センスの塊の選手 B+
塩谷洋樹2年
176cm80kg 右右
  腕力が強く、スイングスピードも速い。見るからに長打力のありそうなスイング。 走力もあり、守備も安定。 2年春からスタメンに定着し、ホームランを量産。チャンスに強いバッティングが持ち味。 B
会田侑斗2年
178cm 右右
  中学までは投手。 中学時代に東日本選抜にも選ばれている。 足も速く、内外野ともに活躍できる選手。 当たれば大きく持って行けるであろう選手。 B-
星迅翔2年
右右
  キレが良く勢いのいいストレートに加え 多彩な変化球が魅力的 C
大友喬太3年
180cm86kg 右右
  須賀川シニアから明秀日立に。 MAX138キロから140キロ中盤もマークしたという。 本塁打も打てるパワフルな選手。将来性が有る。 B+
田中翔栄3年
177cm80kg 右右
  高校通算25本塁打。バッテングに将来性がある。楽しみな選手。 B
鴫原将志3年
右右
  マウンド度胸の好い会津期待の1年生エース。 曲りが大きいカーブはブレーキがある、他にスライダー、シンカーを使うが 彼の魅力は1年生ながら強豪校相手に強気に内角を攻め続ける姿勢。 2013秋は県大 B-
青木龍成4年
168cm64kg 右左
  日大山形のリードオフマン。広角に打てる打撃が持ち味で、2年生の夏の甲子園では山形県勢初のベスト4に貢献した。 3年春の山形大会でも決勝で3ランホームランを放ち、8年ぶりの優勝に貢献した。 ドラ B+
有馬昌宏4年
183cm86kg 左左
  キレが良い球を投げる能力が高い投手! 高校時代は137キロだったが大学に進学し2年時に146キロを記録。 150キロを投げられるようになってプロを目指すと話している B+
遠藤拓夢4年
169cm68kg 右右
  今年の夏、二年生ながら正捕手として試合に出場し、チームを福島県大会準優勝に導いた。 惜しくも決勝で聖光学院に負けたものの、準々決勝、白河高校との試合に自慢の肩で盗塁を二つ刺した。 秋の福島県大 B+
高木寿4年
170cm62kg 右右
  ノビがある直球が魅力の本格派右腕 B+
深谷浩太4年
175cm74kg 右右
  1年秋からレギュラーとして活躍。走攻守そろった選手で特にパワフルな打撃と走塁には、そつが無く監督からの信頼も厚い。守備は現在はショートだが外野では俊足を生かし守備範囲は広い。 B+
船迫大雅4年
172cm62kg 右左
  サイド気味で勢いのあるフォームから、130キロ台のストレートと変化球で打たせて取る。力強いサイドスロータイプ。 甲子園では背番号1を背負い出場。 B+
粟津凱士4年
178cm75kg 右右
  右のスリークォーターからキレの良い140キロ前半の速球を投げる。 大学では3年秋に2戦目の先発を任され、8連勝での優勝に貢献した。 B
慶応義塾大学
正木智也1年
182cm85kg 右右
  高校通算50本塁打を放った慶應高校の主砲、抜群の飛距離をほこる。 慶應義塾高校では旧チームから4番打者。 2年夏の神奈川準々決勝/東海大相模戦で横浜スタジアム左中段へ 1試合2本塁打。準決勝/桐 B+
若林将平1年
180cm86kg 右右
  パワーのある体から痛烈な打球を放つ右の大砲候補。 2年夏は6番をうち満塁弾などを放って甲子園出場に貢献、2年秋の新チームからは4番として痛烈な打球のホームランを放つ。 B+
注目
佐藤宏樹2年
177cm66kg 左左
  キレが良く質が高い球を投げる 2年秋の秋田大会で2試合連続完封勝利 A
植田響介2年
180cm80kg 右右
  馬力があり地肩の強さとパワフルなバッティングが持ち味の強肩強打の能力が高い選手です。 B+
木澤尚文2年
182cm80kg 右右
  本調子の時は最速140km/h超のキレのあるストレート、カーブ、スライダーを投じる。 慶應義塾高校では2年秋にエース、3年春からは背番号10 3年夏は故障の影響で登板機会は少なく決勝まで僅 B+
関根智輝2年
183cm86kg 右右
  都立城東高校ではエースで4番を任され、最速145km/hをマークする本格派投手としてスカウトから注目された。 変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォーク等。 慶應義塾大学では1年春に開 B+
大西健斗2年
180cm76kg 右右
  名門北海で1年秋からベンチ入り。 クセのないしなやかなフォームと伸びのあるストレートは将来期待できる。 体幹も強く重心が低い。 B
嶋田翔2年
182cm86kg 右右
  樹徳高校の正捕手候補。2年次には北関東選抜チームに選出。 B
注目
郡司裕也3年
180cm80kg 右右
  走攻守三拍子揃った運動センス抜群の能力が高い選手 強肩を買われて捕手に転向すると、抜群のフットワークの良さで佐藤世那投手の変化球を捕球する。 A
石井雄也3年
175cm75kg 右右
  慶応志木出身、早稲田大ではリリーフとして登板し、右バッターへのインコースに制球力抜群の140キロ中盤の速球を投げ込む  プロのマウンドでもリリーフとして見てみたい選手。 B+
大川弘太郎3年
172cm70kg 右右
  50m5.8秒で走る脚力を持つ小柄な右打ちの外野手 100m10.9秒を記録 3年春は1番中堅手に定着、4回戦の相洋戦ではレフトスタンドに本塁打を放った B+
小原和樹3年
176cm70kg 右右
  2年春の盛岡大会で準決勝の花巻東戦、3位決定戦の一関学院戦で2試合連続ホームラン。高校通算23号とした。  兄の小原大樹選手は花巻東で活躍している。  滝沢東小学校1年で野球を始め、滝沢二 B+
高橋佑樹3年
175cm72kg 左左
  重いストレートとキレが良く鋭く曲がる縦のスライダーと曲がり大きい緩いカーブのコンビネーションが良いセンス溢れるピッチングをする投手! B+
高橋亮吾3年
180cm80kg 右右
  オーバースローから最速140km/h台中盤のストレートを投げおろす剛腕タイプ、スライダー等を投じる。 慶應藤沢高校では1年夏からベンチ入り、2年夏からエース、3年春は4番外野手兼抑え投手として4 B+
高橋伶介3年
176cm78kg 右右
  サイドからキレのある130km/h台中盤のストレート、スライダー、シンカー、ツーシームなど多彩な変化球を操る。 豊田シニア時代に全国大会MVPを受賞、慶應義塾高校では1年夏からベンチ入り、1年次 B+
津留崎大成3年
176cm72kg 右右
  千葉県佐倉シニア時代から有名なピッチャー! 高校時代は130キロ台のストレートとスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を投げる投手だったが、大学では球速は140キロ後半まで伸ばし、カットボールは B+
土井涼3年
182cm73kg 右右
  躍動感があり力強い腕の振りで勢いがあるストレートと曲がりが大きくキレが良いスライダーを投げる体に力がある投手です。 B+
柳町達3年
179cm67kg 右左
  抜群の野球センスを誇る能力が高い三塁手。 取手シニアに所属していた中学時代はシニア日本一に輝いた。 B+
梁瀬彪慶3年
180cm72kg 右左
  力強いスイングから鋭くて速い打球を打つ強打者 B+
木村洋介3年
183cm85kg 右左
  慶應義塾高校では2年秋に4番を打ったパンチ力のある左打者。 東練馬シニア時代に全国大会準優勝 B
菊地恭志郎4年
182cm81kg 右右
  慶応志木出身で、大学野球部で急成長し、2年生秋に148キロを記録しリーグ戦1勝を挙げた。 躍動感のあるフォームから投げるキレの良い真っすぐに注目。 B+
田中裕貴4年
188cm87kg 左左
  角度があるボールが武器のサウスポー。フィールディングや牽制も上手くセンスが高いピッチャー。 B+
名幸大成4年
180cm76kg 右右
  高橋由伸(巨人)を参考にした足を高々と上げるフォームから力強いスイングで打球を飛ばすスラッガー 調布シニア時代に日本代表の主将を務め全米選手権で優勝。慶應義塾高校進学後は1年秋からスタメン、2 B+
植田清太4年
180cm74kg 右左
  大阪四条畷中学から慶應義塾高校へ入学し、1年夏から背番号5を獲得した 細身の身体から思い切り良く振りぬく打撃、俊足の持ち主でもある 2年生からは外野手を主戦場としている C

 

神宮球場(第3試合)

国際武道大学
北村朋也2年
181cm75kg 右右
  佐野ボーイズ出身。硬式最高峰の鶴岡記念選抜でエースとして活躍した右の本格派投手 A
鮎ヶ瀬一也2年
174cm70kg 右左
  地肩が強く打撃センス抜群で能力が高いキャッチャー! B+
菊地大輝2年
180cm83kg 右右
  ガッチリとした幅のある体型からオーソドックスな投球フォームで140km/hを超えるストレート、スライダー、カーブ、フォーク 東海大甲府では1年秋からエースで抜群の安定感を見せている 1年秋 B+
松岡隼祐2年
180cm87kg 右右
  湘南クラブで2年の時から4番ジャイアンツカップ優勝にも貢献した。 中学時代にホームラン20本放った逸材。 高校進学時には、30校を超える高校から誘いがあったが、先輩中日ドラゴンズ高橋周平の東海大甲 B+
横越亮祐2年
184cm85kg 右右
  184cmの長身から力強い速球を投げ下ろす。スライダー、フォークを投げ、2年夏の金沢西戦で公式戦初登板し、5回を4安打無失点に抑えた。  富山商で活躍した森田駿哉投手のいとこ。 B+
青木快人2年
173cm75kg 右右
  アンダースローで地面ぎりぎりから投げるストレートは、130キロまでいかないものの、120キロ後半のストレートを投げる。第88回選抜甲子園にも桐生第一の二番手として登板し見事な投球を見せた。変化球はスラ B
深澤祐太2年
182cm80kg 右右
  182センチ80キロの恵まれた体格の大型外野手、力みのないレベルスイングからボールを遠くへ飛ばすことができる。元投手で方も強く高校2年の秋にはライトからダイレクト返球で走者を刺した。 B
注目
勝俣翔貴3年
180cm75kg 右左
  スイングが力強く長打が打てる右の大砲で、2年秋の大会ではバックスクリーンにホームラン放つ。 ピッチャーでも142km/hの良い球を投げ、巨人、東北楽天などのスカウトがすでに注目 A
赤木陸哉3年
178cm65kg 右左
  強打の作新学院で1年秋から4番に座る強打者。肩も強くかなりの有望株。体がもっと出来てくればさらに面白い選手になることでしょう。 B+
豊田寛3年
178cm80kg 右右
  1年秋にはレフトでレギュラー出場、2年夏は3番を打ち、初戦の逗葉戦では高校通算12号となる満塁ホームランを放った。 B+
三河聖央3年
180cm85kg 左左
  やわらかくてしなやかな腕のふりからキレが良い球を投げる力があるピッチャー B+
臺浩卓3年
173cm65kg 右右
  野球センス抜群で運動能力が高い内野ならどこでも守れるユーティリティープレイヤー B
辻竜也3年
170cm70kg 右右
  パンチ力があり、当てるのがうまい! 守備もそこそこうまい! B-
磯網栄登3年
179cm66kg 右右
  東海大相模のクリーンアップを任される。大型内野手。 本職は、サードだが現在は、ファーストを守る。 C
青野善行4年
177cm68kg 右右
  曲がりの大きいスライダーとMAX144km/hを計測するストレートで三振の山を築く本格派右腕 2年秋、千葉大会2回戦・成東高校戦で9回4安打18奪三振の快投で完封勝利 B+
伊藤将司4年
176cm73kg 左左
  135km/hの速球のキレが良く、右バッターの内角に鋭いスライダーを投げて打ち取るサウスポー。安定感抜群で完封も多く、甲子園でも好投を見せている。 B+
櫻井一成4年
180cm81kg 右右
  躍動感があるフォームから勢いがあるストレートを軸に質が良い多彩な変化球とのコンビネーションで空振りが奪え三振が取れる投手です。 B+
高野元希4年
181cm82kg 右右
  体に力があり地肩が強くスイングが力強い強肩強打の能力が高いキャッチャー B+
高橋直也4年
174cm71kg 左左
  柔らかい投球フォームから130km/h中盤のストレート、高速スライダー、カーブ、フォーク、ツーシーム 2年生からエース、3年春の県2回戦では身延高校から8回16奪三振の快投、夏は準々決勝で日大 B+
西田廣4年
184cm80kg 右右
  恵まれた体格から思い切り振り抜くスイングで痛烈な打球を放つパワーヒッター、一塁手・遊撃手 2年春の関東大会準々決勝・常総学院戦で3安打1本塁打、3年春は足の故障の影響で控えに回ったが関東大会初 B+
野瀬一樹4年
184cm85kg 右左
  184cmの身体から140km/hの速球を投げる本格派だが、3年春に肘を痛めてしまう。 B+
早川竜太郎4年
175cm75kg 左左
  春の千葉県予選から関東大会まで、どの試合も結果を出してきている打者。守備面には難があるものの、打撃に関しては文句なし。これからも伸びていけば、千葉県No.1スラッガーになれる存在である。 B+
注目
平川裕太4年
171cm72kg 右右
  身長は高くないが、リリーフとして登板すると常時140キロを超える伸びる速球を投げ込む。 変化球はもう一つだが、真っすぐで空振りを奪える。  3年春の大学野球選手権では中部大戦で147キロを記録 B+
鈴木悠矢4年
173cm75kg 右左
  逆方向に大きな打球が打てる勝負強い打撃と広い守備範囲が魅力の遊撃手 2年夏の静清高校戦で1点ビハインドの9回裏1死から逆転サヨナラ満塁ホームランを放つ C
望月天馬4年
174cm65kg 左左
  運動センス抜群の俊足巧打の走攻守三拍子揃っている外野手 C
徳山大学
河村享俊2年
169cm63kg 右左
  スピードが持ち味、塁間2.82秒 C
井内克3年
178cm77kg 右右
  力がある球を投げる C
岡直人4年
169cm60kg 右右
  1年から早くもエース。 球速よりコントロールの投手。 B-
中熊大智4年
176cm75kg 右左
  九州学院出身の捕手、強打の打撃も見せる。 B-
山下竜世4年
172cm48kg 右右
  細身ながら華麗な守備は誰もが認めるほど。 打撃は未だこれからだがバントは一流だ。 B-

 

神宮球場(第4試合)

九州産業大学
注目
森伊吹1年
186cm80kg 右右
  186cmの大型ショートで、3年の冬に体重を7kg増やし、毎日1000スイングをした結果、3年春に6本塁打を記録し、長崎県でNO.1の右バッターと評価されるようになった。 北海道日本ハムのスカウ B+
田中李毅耶1年
183cm81kg 右右
  140キロを投げるがコントロールはまだアバウトで、リリーフなどで登板している。 B
福森秀太1年
175cm73kg 右左
  北九州高校ではショートを守り、左の好打者として、OBの柴原洋氏の高校時代に匹敵すると評価されていた。 B
岩田将貴2年
178cm67kg 左左
  サイド気味のフォームから勢いがある球を投げる能力が高い投手 B+
合屋祐希2年
175cm85kg 右右
  真颯館高校に入学するとすぐに4番サードを守った。 練習では外野のネット越えを連発するスラッガータイプ。  福岡県宇美町出身で桜原小1年で宇美ジャイアンツで軟式でプレーすると、宇美中ではフレッシ B+
注目
浦本千広3年
178cm67kg 右右
  投げては143km/hだが伸びる直球を投げ、カーブ、チェンジアップ、カットボール、フォークといった変化球で空振りを奪える。  中日のスカウトが練習に視察に訪れるなどプロが注目しているが、3年夏の初戦 A
高木栄志3年
172cm68kg 右左
  打撃センス抜群で走攻守すべてセンスが良くレベルが高い選手 B+
福森耀真3年
176cm76kg 右右
  力強い腕のふりから勢いがある球を投げる能力が高いピッチャー B+
龍頭大夏3年
175cm78kg 左左
  強肩強打の外野手。大学では投手として147キロの速球を投げる。 B+
岡田玲一3年
178cm75kg 右右
  打撃のセンスが光る将来有望な内野手! 高校の時、夏の大会で場外打を、打つなど大活躍! B
勝井嵐史3年
176cm72kg 右左
  走攻守、揃った選手。 打者力 選球眼があり、広角に打ち分ける! 守備力 足が速く、打球を瞬時に判断できる! 将来性あり! B
元田康太3年
167cm74kg 右右
  打撃面では、すごく能力の高い選手。左右広角に打ちわけられる。守備面では、素早い動きが持ち味でフットワークが良く、取ってからの早さが抜群。 B
谷口拓海3年
184cm80kg 右右
  184cmから投げ下ろす140km/hの速球は迫力がある。 3年春の県大会は5試合すべてに先発し、準々決勝で完封勝利を挙げた。 C
注目
岩城駿也4年
180cm80kg 右右
  捕手やサードとしてプレーし、大学2年春のリーグ戦では九共大との優勝をかけたカードで2試合連続ホームランを記録、打率.478でリーグ2位の成績を残した。  長打力、アベレージを残せるバッターとして注目 A
木原智史4年
178cm85kg 右左
  鹿屋中央の強力打線の中で一年生から四番を打つホームランバッター。 B+
阪本洋佑4年
185cm80kg 右右
  185cmの長身から投げ下ろす本格右腕。球速は130キロ後半でキレの良いスライダーもありストレートでもスライダーでも三振が取れる。打撃では長打力もありチームの主軸の選手。 B+
中野夏希4年
173cm76kg 右右
  旧チームからエースナンバーを背負うMAX140km/h右腕 B+
西山天翔4年
182cm75kg 右左
  三拍子揃った好選手です。熊本工業のリードオフマンです。去年からレギュラーで甲子園を経験してます。熊本工業先輩の田中荒木緒方塩崎を目指して目標にして欲しい。プロ野球を目指して欲しい先輩レベルにはいまいち B+
上田弦輝4年
174cm66kg 右左
  野球センス抜群!将来有望な選手。 B
山崎楓太4年
右左
  長崎海星高校に入学すると即レギュラーで甲子園に出場した。 B-
井手一郎4年
178cm76kg 右左
  サイドスローから勢いがあり重いストレートを投げる力があるピッチャー C
宮崎産業経営大学
上甲陸3年
183cm75kg 左左
  勢いがあり力があるストレートを投げる能力が高い投手 中学時代に140㌔を出したサウスポー。 高校1年時に141㌔を投げたて注目を集めた。 その後はケガもあり低迷していたが2年夏の新チームから復帰。 B+
杉尾剛史3年
175cm72kg 右右
  腕のふりが鋭くキレが良く落差が大きいタテのスライダーを武器に三振を奪える投手! C
伊達智紀4年
177cm68kg 右右
  勢いがある球を投げる怪腕! C

 


PAGE TOP