2017年、埼玉西武のドラフトの狙い

2017年度の12球団のドラフトの動きを予想。今日は埼玉西武編。

広島編 北海道日本ハム編 巨人編 福岡ソフトバンク編 横浜DeNA編 千葉ロッテ編 阪神編

埼玉西武

〇タイプ:育成型
〇監督:内野手出身、まだ不明
〇決定者:渡辺久信シニアディレクター兼編成部長
〇補強ポイント:ポスト中村、長距離打者(左)、内野手、先発投手
〇近況:渡辺氏が早稲田実・清宮選手、履正社・安田選手の獲得を示唆、また大学生左腕投手にスカウトが姿を見せる

埼玉西武はFAで選手が流出するチームで、近い所では片岡選手、涌井投手、そして昨年オフに岸投手が抜けた。チームメンバーを見ると、秋山選手や多和田投手など大学生出身、また社会人出身選手もいるが、中村、浅村、栗山、菊池、炭谷と高校生を育てて主力にしてくチーム。

一時期はドラフト上位は即戦力選手が多くなったが、渡辺氏がフロントとなってから近年は2016年・今井達也投手、2014年・高橋光成投手、2013年・森友哉捕手とドラフト1位で高校生を指名し、2位でも中塚駿太投手、川越誠司選手など、素質の高い選手を育成を目的とした選手を指名している。

辻監督については就任したばかりでチームの方針などはまだわからないが、渡辺氏などとの風通しは良さそうだ。長年の課題となっているショートの固定や、森選手を捕手として我慢して使うのかなど、今年の起用法が注目される。

 

チームの戦力的には野手陣は日本ハム、ソフトバンクに対抗できるし、しないとおかしくない選手がそろう。1番センター秋山は固定され、栗山、浅村、中村、メヒアは固定して戦いたい。しかし33歳になる中村選手や栗山選手に好不調が出てきており、中村選手のフル試合出場が難しくなる中で、2から5番もしっかりと固定できなかった。また控え組がレギュラー組を下から突き上げるところまでいっていない。

下位はやや力が劣るものの、金子選手は実績を出しており、出場を続ければ結果を残しそうだ。また、森選手を主軸かその後ろに起用できれば打線の厚みが増す。

ファースト、DHがメヒア選手、中村選手だとすると、固定されるポジションはセンターとセカンドのみ。課題のショートは金子選手も守れるが、守備力を考えると物足りない。サードも空きのポジションとなり、呉選手、永江選手、鬼崎選手にルーキーの源田選手が争う。森選手がキャッチャーに固定できれば、ライトに金子選手が入れる。

ファームでは山川選手が22本塁打、坂田選手が15本塁打、外崎選手が12本塁打としっかりとした打撃を見せる。3人とも1軍で何度もチャンスをもらっているが、きっかけを掴みたい。外野手では大瀧愛斗選手とルーキーの鈴木将平選手は期待が高く、ライト、レフトの候補となりそうだ。内野手ではセカンド・金子一輝選手、サード・山田遥楓選手が次世代の選手として候補に挙がる。期待されるものの確実性はまだまだか。

今年のショート争いと森選手のキャッチャー次第で補強ポジションが見えてきそうだ。

投手では菊池、岸、多和田がいて、十亀、野上、高橋光、誠、本田、郭などが谷間を埋めてチャンスを狙うが、まず岸投手がぬけた事が大きく、穴も埋められた選手はいなかった。今井投手、中塚投手を獲得したものの、やはり2,3年はかかるとみられ、先発投手は不足している。

リリーフは粒ぞろいとはいいがたいが、小石、大石に武隈、牧田、増田が奮闘し、ルーキーだった野田投手も結果を残した。高橋朋投手、牧田投手は信頼感が高いが、牧田投手は先発にも起用したいところで、ここはしっかりと軸となりファンも安心できるリリーフ投手がいると良い。

 

ドラフト候補は

ドラフト1位指名は西武黄金期を完成させた清原和博のような存在となりそうな選手として、清宮幸太郎選手が有力とみられる。または実戦派の投手も優先させたい。先発ならばJR東日本の田嶋大樹投手や東京ガスの石田光宏投手、リリーフならばヤマハの鈴木博志投手、NTT東日本の西村天裕投手など期待できる。

東大の宮台康平投手、亜細亜大の高橋遥人投手、明治大の斉藤大将投手といった左腕を狙っているようで、他にもアンダースローの高橋礼投手(専修大)、サイドスロー・井手亮太郎投手(九産大)、葛川知哉投手(青学大)なども伝統的に変則フォームの投手が活躍しそうで、潮崎2軍監督に見てもらいたい投手。

野手ではサードを守れて長打力もある笠松悠哉選手(立教大)、更にショートが欲しいならば宮本丈選手(奈良学園大)、外野手ならば北川利生選手(日本通運)、またどこで使うかはわからないが右のスラッガー候補として岩見雅紀選手(慶応大)と左のスラッガー候補で谷田成吾選手(JX-ENEOS)も期待できる選手になるかもしれない。

埼玉西武ライオンズのドラフト会議ページ


PAGE TOP