2017年、阪神のドラフトの狙い

2017年度の12球団のドラフトの動きを予想。今日は阪神編。

広島編 北海道日本ハム編 巨人編 福岡ソフトバンク編 横浜DeNA編 千葉ロッテ編

阪神

〇タイプ:即戦力型
〇監督:外野手出身、野手重視
〇決定者:金本知憲監督
〇補強ポイント:主軸打者、長距離打者(左)、内野手、先発投手
〇近況:早稲田実・清宮選手、履正社・安田選手を畑山チーフスカウトが担当

阪神はFAで選手を獲得できるチームの一つで、外から人材を集められる。これまでも西岡選手、福留選手、新井選手、金本選手などを積極的に補強し、また外国人選手も長い間活躍する選手が目立つ。その反面、若手の育成は生え抜きで活躍をする選手が少ないとファンからも意見が出る状態だった。

金本監督は野手中心のチームづくりが特徴で、「投手は外国人やFAで獲得できるが野手の補強は難しい」と話し、まずは野手をすべてそろえてから投手をそろえてチームを強くする考え方が見られる。ドラフトでの決定権を持つ金本監督が、一昨年、昨年と投手のドラフト1位指名が予想されたが、高山選手、大山選手と大学生の野手を1位で指名した。野手についてはポジションはかなり埋まってきたが、今年も野手の1位指名となるか注目される。

フロントでは球団社長の四藤氏、球団本部長の高野氏が金本監督との意見交換も盛んで、佐野統括スカウトの意見を参考にするがスカウト部長職は無く、基本的にこの3人でドラフト指名選手などが決定していく。またスカウトは中尾スカウト、北村スカウトといったベテランスカウトが辞め、筒井スカウトなどが新任となった。

 

チーム状況としては、金本監督の変革の年として最下位になるかもしれないとしていた。チームは長年3番ショートでチームの軸となった鳥谷選手がフルで出場する事が減り、北條選手、原口選手が力を見せ始め、そしてルーキーの高山選手、板山選手、捕手でも坂本選手がマスクを被るなど、かなりの入れ替わりをしている。その中でシーズン中盤は上位もうかがう勢いも見せた。最後は失速しながらも3位を伺ったり、ヤクルト、中日の上にいくなどの強さは見せた。

攻撃面では最終的には3番・高山、4番・福留が固定されたが、ゴメス選手の不調や、シーズン当初の構想だった1番・高山、2番・横田という流れは、横田選手の伸び悩みもあり、また鳥谷選手の不調から打順を組み替えていく1年となった。高山選手には金本監督も長打力を期待しており、最終的に3番というのは構想通りだったと思う。しかし主軸の候補が少ないという事は脳裏に刻まれ、2016年の大山選手1位指名につながったと思う。

ポジションでは課題だったポスト鳥谷が現実的となったが、北條選手がいい感じで出てきた。サードは鳥谷選手が入っているが陽川選手を起用したりルーキーの大山選手を獲得したりと入れ替わり期となっている。またセカンドは上本選手、大和選手など固定されていないポジションの一つとなっている。

西岡選手はセカンドもあるが外野手転向となりそうで、外野手については頭数はある。また糸井選手を獲得したことで、高山、糸井、福留の3つがうまった。しかし福留選手はベテランとなり、高山選手、糸井選手のほかにもう一つのポジションを、横田、江越、俊介、大和、板山、中谷に西岡選手などが争う形となる。外国人も含め外野手は激戦が続く。

捕手は梅野選手、原口選手にルーキーの坂本選手も加わり、若い選手が競い合う状態となった。しばらくはこの争いを続けたい。

ファームでは陽川尚将選手が14本塁打を放ち、1軍でも起用され、後は大山選手との争いとなる。しかしその他の選手だと外国人選手以外では上本選手が7本と物足りない。期待できるスラッガーは置いておきたい。

投手ではメッセンジャー、藤浪、能見、岩貞の4枚がおり、岩崎、青柳と若い投手も穴を埋めた。勝ち越したのはメッセンジャー投手(12勝11敗)と岩貞投手(10勝9敗)の2人で他は負け越し、大きく貯金をするためにもう1段階上の投球が必要だが、岩貞投手、藤浪投手は力があり、昨年の経験を生かしたい。

ただしファームを見ると、秋山拓巳投手が9勝をしている以外は守谷投手が6勝、ルーキーの望月投手が5勝と物足りなさがある。金本監督になり投手は高校生を獲って育てる形になっている。望月投手は昨年最後の1軍登板は期待をさせるものだったが、これから苦しみも経験する事になると思う。ルーキーの才木投手や浜地投手なども同じように育って競い合う形になれば楽しみが増す。

リリーフは安藤投手、藤川投手のベテランが踏ん張り高橋投手とマテオ投手がフル回転したが、レベルも数も物足りない状況、エース的なリリーフ、勝利の方程式を作っていきたい。

 

ドラフト候補は

ドラフト1位指名は清宮幸太郎選手か履正社の安田尚憲選手が有力とみられる。金本監督は野手中心のチーム作りを考えれば、左の長距離砲を予想するのは素直に思える。しかし、ドラフト直前で意見が変わる事や、予想に反した選手をしめいするようなところもあるため、実はリリーフ投手を1位指名というような事もありそうだ。

今年の候補ではリリーフ投手に素晴らしい選手がおり、ヤマハの鈴木博志投手、NTT東日本の西村天裕投手などは150キロ中盤の速球を投げ、全盛期の藤川投手のような投球ができる可能性がある。

あとは内野手、北條選手のショートはこれから課題も見えてくると思うし層がまだ薄い。奈良学園大の宮本丈選手を獲得し、北條選手をサードやセカンドにという事も考えられる。内野手では他にも東海大・下石涼太選手、国学院大・山崎剛選手、明治大・竹村春樹選手、立教大・熊谷敬宥選手、上武大・鳥巣誉議選手と数はいる。社会人も候補はおり、その中から誰かを選択したい。このあたりの選手は阪神に入るならば、ジムの「アスリート」に入っておくと、金本監督の耳に情報が入るかもしれない。

阪神タイガースのドラフト会議


PAGE TOP