2017年、北海道日本ハムのドラフトの狙い

2017年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は北海道日本ハム編

北海道日本ハム

〇タイプ:NO.1選手突撃型、育成型
〇監督:野手出身、攻撃中心
〇決定者:吉村浩GM
〇補強ポイント:ポスト大谷、ポスト中田、主軸打者(左・右)、ファースト、ショート、サード、キャッチャー、外野手、左投手、リリーフ
〇近況:栗山監督が清宮選手にラブコール

北海道日本ハムはドラフト1位で大谷翔平選手や有原航平投手などを獲得しているが、育成型のチームで、育った主力がメジャーリーグや他球団に移籍していくチームである。方針としてチーム全体の年俸の枠の設定をしているという話や、獲得する選手は2年目にはファームで主力になると判断できる選手を獲得しており、それらのチーム作りは以前より吉村氏が行ってきた。吉村GMを中心にGM補佐や栗山監督にチーム作りの技術やコンセプトを共有、伝承をしている。

栗山監督は基本的に攻撃が中心の監督といえ、強気の攻めが目立つ。しかし獲得する選手に対してはあまり口を出していないように見え、フロントに信頼を寄せている。

日本一のチームではあるが補強ポイントは多い。まず、陽選手がFAで、吉川投手などが移籍したこと、また来年は大谷選手のメジャー移籍を容認し、中田選手もFA権を獲得する事から、チームは常に流動的となっている。しかし、これもフロントが意図して流動的な状態を作っているように見え、チームに穴を明け、若手をそろえて競わせることでチームの活性化を図っている。

ポスト大谷としては有原航平投手がすでに活躍を見せているが、そこに続く投手として2016年に田中正義投手を獲得できなかった事から、エース右腕は補強ポイントとなる。ポスト中田としては長打を打てる選手は横尾俊建選手や森山恵佑選手などを獲得しているが、ドラフト1位クラスで注目される選手の方が4番を担える可能性は高い。ドラフト1位で清宮選手を獲得したいところだろう。

セカンドは田中選手がチームの軸になっているが35歳となっている。またショートの中島選手もチームに貢献する打撃が特徴だが、打撃、守備の面で、もう1段階上の選手をぶつけたい。サードもレアード選手がいるものの、ムラや故障の不安がある。渡邉諒選手がファームで10本塁打に打率.289を記録し3年目でファームの主力となった。今年は1軍を伺う事になるが現在はセカンドを守っている。ファーストとサードでは横尾俊建選手が15本塁打、打率.275、高濱祐仁選手が8本塁打、.262と結果を残している。

平沼翔太選手や太田賢吾選手などファームのショートを守るがやや手薄となっていた。しかしそこはしっかりと早稲田のショート・石井一成選手をドラフト2位で獲得している。

外野手は常に選手を求めており、今年も巨人から大田選手を獲得している。しかし陽選手は引き留めを積極的に行っておらず、西川選手、岡選手に、大田選手と浅間大基選手、宇佐美塁大選手、岸里亮佑選手などを競わせている。

捕手は市川、大野の2人をバランスよく使い、固定はしていない。徐々にチームで年齢が上の方になってきているものの、ファームでも石川亮選手、清水優心選手が実績を残しつつあり、昨年も郡拓也選手を獲得している。

また常に獲得を意識している左投手や、選手の消耗が激しいリリーフ投手だが、井口和朋投手、田中豊樹投手、堀瑞輝投手、高山優希投手を獲得している。

ドラフト候補は

多くのポジションで1軍の戦力とファームの育成が連動しており、ドラフトでも先手先手で補強をしている。1軍戦力にちょうどよく穴を空け、そこにファームから選手を供給し、そのためのドラフト戦略をするという絶妙のバランスといえる。

ただしこのバランスを長く保つには非常に難しく、来年はエースと4番に穴が空く可能性もあり、バランスが崩れるきっかけになる可能性もある。

ドラフト1位では4番の穴を埋めるため、早稲田実の清宮幸太郎選手の指名は必然といえる。エース候補は来年は現時点で名前を挙げるのは難しく、清宮選手一点買いで良いと思う。

2位以降では左投手、リリーフ投手と、高校生内野手の長距離砲候補、高校生の捕手・外野手という形となりそう。1位で清宮選手が獲得できなかった場合には、左のJR東日本の田嶋大樹投手か、ヤマハのリリーフ候補・鈴木博志投手、NTT東日本の西村天裕投手、または思い切ってNO.1と評価した捕手の指名という可能性もある。

2位以降では東大の宮台康平投手を最有力に左投手を、また3位以降ではポジションのバランスとって高校生を中心に指名してくると思う。

北海道日本ハムファイターズのドラフト会議 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page


PAGE TOP