西武・今井達也投手、カットボールは甲子園で突然生まれた

今井達也

昨年夏の甲子園で優勝した作新学院の小針監督が、都内で行われた野球指導者講習会で講演し、エースとして成長した今井達也投手の、春から夏までの過程や、甲子園2回戦で突然カットボールが誕生した秘話などを話した。

急成長

昨年の今頃はまだ、今井達也投手の名前はドラフトの1候補にすぎなかった。寄せられた情報では140キロ後半を投げたというものがあったが、公式戦ではほとんど登板がなかった。チームの部員からはブルペンでは150キロを投げるけどコントロールが悪くて使ってもらえない」と話しもあった。

春先の練習試合でも、空振りやファウルが多い反面、四球も多かった今井投手に小針監督は、「三振禁止」「140キロ禁止」などを指示し、打たせて取るピッチングを徹底させたという。そして春の大会でエースだった入江大生選手が打ちこまれると、夏は今井投手が栃木大会から頭角を見せ始めた。栃木大会の後半には140キロ中盤から後半の速球で打たせて取るピッチングができるようになっていた。

また甲子園では150キロの速球と共にカットボールが有効だった。これについて小針監督が、初戦となった尽誠学園戦でキャッチャーがスライダーを要求し投げたが、それが直球に近いスピードで鋭く落ちる球で、「キャッチャーが今の何だと聞いたら、今井もわからないと言っていた」と話す。それ以降の試合ではこのカットボールを頻繁に使い、甲子園で優勝まで駆け抜けた。「実力以上のものが出たという事なのかもしれません」と小針監督は話した。

ドラフト1位投手へ

甲子園では疲労がたまっていた決勝でも、このカットボールを使い、そして打たせてとるピッチングが有効だった。

U18アジア大会でも今井投手は、台湾を相手に2試合投げたが、1回目の対戦となった1次ラウンドの試合では4回1/3で6安打を許した。ストレートの球威が今一つだった。しかしこのカットボールを使いながら打たせて取るピッチングで打たせて取り無失点に切り抜けた。決勝も決して良い状態ではなかったが、5回1安打3奪三振で無失点に抑えた。三振は少なかったが粘りの投球で日本に優勝をもたらした。

元々150キロを投げる素質を持っていたが、熱意ある指導者の適切で徹底した指導により、甲子園優勝投手、そしてドラフト1位でのプロ野球投手となった。

作新学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

大きな武器となったカットボールは、実は初戦となった2回戦の尽誠学園戦の最中に突如生まれたものだった。「スライダーのサインで本人もスライダーを投げたはずが、直球に近い速度で鋭く落ちるような球になった。それ以降の試合ではあの球を頻繁に使っていました。実力以上のものが出たということなのかもしれません」

春先の練習試合でファウル、空振り、ボールが多かった右腕に対し、夏に向けては“三振禁止令”や“140キロ禁止令”を出し、打たせて取る投球を徹底させて、制球力向上につなげたという。

 


PAGE TOP