センバツ第4日目の対戦カードと注目選手

センバツ高校野球大会の4日目、強豪や楽しみな初出場校などが続々登場します。

 

4日目

第1試合

筑陽学園高校
中村敢晴2年
183cm68kg 右右
183cmの大型遊撃手、筑陽学園では1年生秋から1番ショートで起用され、期待されている。父は1992年夏の甲子園で優勝した西日本短大の主将を務めていた。 B+
進藤勇也3年
181cm83kg 右右
筑陽学園高校の扇の要。定期的に投手に声を掛けたり、安定したキャッチングが武器。 B+
西舘昂汰3年
187cm81kg 右右
真っ直ぐのキレがとてもいい。スライダーもなかなか。伸び代たっぷりのいい素材。 B+
石川湧喜3年
165cm63kg 左左
50m5.9秒の俊足でセンターでスーパーキャッチを連発する。2年秋は打率.303で公式戦盗塁は0個、出塁をして盗塁する技術を磨きたい。 B-
江原佑哉3年
177cm79kg 右右
安定感ある4番バッターで、2年秋は打率.460、13打点を挙げた。セカンドの守備をさらに磨きたい。 B-
福岡大真3年
176cm74kg 右左
外野手として力強いスイングを見せる。2年秋からは6番ライトで出場している。父は1994年夏の甲子園で準優勝した樟南のエース・福岡真一郎投手 B-
福島悠介3年
179cm77kg 右左
2年生秋は長打のある2番バッターで、公式戦2本塁打、練習試合含めて6本塁打を放つ。3ベースヒットも多く長打が期待できる。 B-
弥富絋介3年
168cm78kg 右左
選球眼が良く、2年秋は13試合で14四球を選び出塁する。ファーストを守るが、他のポジションの可能性を探りたい。 B-
福知山成美高校
神内秦3年
168cm62kg 右左
福知山成美ではチーム1の俊足、2年秋は打率.207と打撃に苦しみ9番を打ったが、出塁する技術を身に着けて1番に返り咲きたい。 B-
小橋翔大3年
171cm71kg 右左
球速は130キロ後半、コントロールが良くコーナーに決めてくる。2年春に根尾・藤原のいる大阪桐蔭と練習試合で2失点完投勝利の実力あり B-
坂優斗3年
182cm78kg 右右
大型のセンターで50m6.1秒の足がある選手。2年秋は打率.212でもう一つだが技術を磨いて率を上げたい。 B-
橋本翔生3年
175cm65kg 左左
強い球を投げることができる左腕。2ね無きは9回1/3で4失点をしてしまうが、練習試合では63回2/3を投げて自責点16、47個の三振を奪う。 B-
原陽太3年
177cm87kg 右右
2年秋は4番として公式戦2本塁打、頼れる打撃を見せた。大型だが走れる選手で身体能力も高そう。 B-
東原成悟3年
177cm68kg 右右
福知山成美では藤田選手の後を担う遊撃手。足があり肩も強く、確実な打撃を見せる。盗塁を決める力もある。 B-

センバツに向けて筑陽学園 / センバツに向けて福知山成美

 

第2試合

広陵高校
宗山塁2年
175cm70kg 右左
1年生で甲子園ベンチ入り、1年秋は星稜・奥川投手から2本のヒットなど、1本塁打に11打点、打率.395と打撃センスを見せた。ショートとしての活躍にも注目 B+
渡部聖弥2年
177cm75kg 右右
強肩で俊足の内野手、1年時はサードを守った。3ベースヒットでの走塁も速く、能力の高さがある。 B-
河野佳3年
174cm76kg 右右
フォームのバランスも良く、見えにくい角度から伸びのある148キロのストレートを投げる。2年夏甲子園でも登板142キロを計測した。 B+
秋山功太郎3年
180cm79kg 右右
180cmの大型選手。2年秋の四国大会から頭角を現した。2年生夏の甲子園でベンチ入り。 B
石原勇輝3年
178cm76kg 左左
141キロ強い球とスローカーブの緩い球を織り交ぜ、打ち取っていく。投球術を備えている投手。2年春に力を見せ始め、これから球の力も付いていきそうだ。 B
鉤流大遂3年
173cm70kg 右右
1年時は中村奨成選手の控えとして1年生でベンチ入りし、2年時には強肩捕手として注目される存在に。 B
中村楓大3年
175cm78kg 右右
ファースト、サードで出場する右の大砲、バットを軽々と振りぬくパワーがあり、フルスイングを見せる。中学時にボーイズリーグの日本代表に選出。広陵では1年秋に4番を任さられた。2年夏の甲子園では調 B
森勝哉3年
180cm82kg 左左
182cmの大型選手。2年夏の甲子園でベンチ入りし、秋は長身から142キロを記録した。本格派左腕として期待される B
馬場俊輔3年
161cm62kg 左左
広陵ではトップクラスの俊足で盗塁数は2年秋に5盗塁。打席で粘り四球で出塁してチャンスを広げる。打球の強さ、そして外野手としての守備などを磨きたい。 B-
藤井孝太3年
173cm70kg 右左
俊足のセンターで、2年秋は打率.325、12打点を挙げた。肩も強い選手でいつ花開くか楽しみ。 B-
八戸学院光星高校
武岡龍世3年
178cm72kg 右左
小学校6年時にヤングリーグで全国制覇、中学校1年でカル・リプケン少年野球世界大会日本代表として準優勝。八戸学院光星では大学生との練習試合でいきなりホームランを放ち、1年春には1番ショートレギュラー B+
伊藤大将3年
178cm70kg 右右
2年夏の甲子園でベンチ入り。青森大会では打率.500 B-
後藤丈海3年
170cm71kg 右右
130キロ後半のストレートと、キレの良いスライダーで強気な投球を見せる光星らしい投手。 B-
近藤遼一3年
175cm88kg 右右
2年秋は10試合で2本塁打20打点の活躍、打率も.475を残して確実性も高い。 B-
島袋翔斗3年
166cm68kg 右左
打撃に課題があるが、俊足と強肩の外野手。四球で出塁して足を使いたい。 B-
太山皓仁3年
172cm74kg 右左
2年秋に公式戦2本塁打、安定した打撃を見せる。捕手としても八戸学院光星の系譜を持つ安定した守備 B-

センバツに向けて広陵 / センバツに向けて八戸学院光星

 

第3試合

富岡西高校
浮橋幸太3年
174cm78kg 右左
中学時代は全国ベスト4に入った経験を持つ。2年生で140キロを投げ、さらに成長をしている。また長打力もあり、2年秋からは4番を任され、徳島大会準々決勝の城東戦では2ランホームランを放った。 B
安藤稜平3年
183cm79kg 右右
183cmの大型センター、公式戦ではまだ活躍できていないが、練習試合では2本塁打を打つ。県のベースランニング研修で3位に入り、中学時代は400m走で県で優勝をしている。身体能力に期待。 B-
坂本賢哉3年
174cm73kg 右左
3番バッターとしてチームの中心、2年秋は24打数16安打で打率.667、10打点を挙げた。 B-
山崎光希3年
170cm61kg 右左
2年秋は1番バッターとして打率.464でチームを引っ張り、21世紀枠でのセンバツ出場に貢献した。 B-
東邦高校
石川昂弥3年
185cm72kg 右右
小、中学生の時から有名、愛工大名電の稲生と並ぶ怪物。リストが強く、バットの振りが鋭い。サイズがある大型内野手で、投手やってた事から肩も強い。大阪桐蔭の西谷監督も狙っていた逸材。 B+
熊田任洋3年
174cm72kg 右左
東邦の森田監督が関根大気(横浜DeNA)よりもいいと評価する。遠投100mの強肩と俊足を持つ遊撃手で、1年秋は1番バッターとして打率.458を記録、3本塁打を放った。 B+
植田結喜3年
176cm75kg 左左
2年の夏の西愛知大会決勝でエース扇谷莉をリリーフし140キロ前後の速球とキレのあるスライダーで愛工大名電打線相手に奪三振ショーをみせた速球派左腕 B
奥田優太郎3年
179cm73kg 右右
サイドハンドから143キロの速球を投げる投手で、2年秋は公式戦13試合に登板し2完投1完封。カーブ、ツーシーム、スライダー、チェンジアップなど変化球の豊富で、インコースも攻める。 B
河合佑真3年
180cm74kg 右右
強肩俊足の大型センター、守備で安定感があり、打撃でさらに力強さ見せられるように成長期待。 B
杉浦勇介3年
179cm63kg 右左
大型セカンドで、守備と打撃でチームを支える。打率も2年秋は.350を超えており、ホームランも放つなど長打力も見せる。そして盗塁を決められる足やバントなど器用なプレーも見せられる。 B
成沢巧馬3年
181cm83kg 右右
東邦高校で扇の要を任されている、強肩強打の大型捕手 B
長屋陸渡3年
181cm80kg 右右
サードを守り2年秋は5番を打って、打率5割、2本塁打を記録した。強い打球を見せる大型選手。 B-
村北翔哉3年
168cm70kg 右両
上背はないものの130キロ後半の威力ある球を投げる。 B-

センバツに向けて富岡西 / センバツに向けて東邦

 


PAGE TOP