2019センバツに向けて、東邦高の注目選手

東邦高, 石川昂弥, 熊田任洋, 成沢巧馬, 植田結喜, 長屋陸渡, 杉浦勇介, 奥田優太郎, 河合佑真

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は東邦高校。

東邦高校の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:石川昂弥選手は高校通算39本塁打のスラッガー、遠投120mで140キロ中盤の速球を投げ、投手としても好投を見せる。パワーや身体能力があり、全国屈指の存在。サードでの守備を確認したい。

注目度A:熊田任洋選手は遊撃手として安定感を見せる。50m5.9秒の足と確実性の高い打撃で4番を任される。東邦からプロ入りした関根選手以上の身体能力と監督も絶賛。守備と打撃に鋭さも見たい。

注目度B:河合佑真選手は180cmのセンター、50m6.0秒の足と遠投100mの肩があり、外野守備の安定度を高めている。打撃の強さが出てきたかを注目したい。

注目度B:植田結喜投手は左から最速143キロの速球を投げる。スライダーの切れも良く三振を奪える投手。秋は34回1/3で31奪三振。エースとして石川投手をサードに固定させるくらいの一本立ちを期待したい。

注目度B:奥田優太郎投手はサイドから143キロの速球を投げ、先発としても完封勝利を挙げるなど安定感光る。変化球も豊富な選手で、ストレートで空振りを奪えるかを見たい。

注目度B:成沢巧馬捕手は遠投120mでセカンドまで1.8秒、投手としても143キロを記録する強肩捕手。181cm83kgの体も見栄えする。魅力の肩と、打撃の力を確認したい。

注目度C:杉浦勇介選手はセカンドだが遠投100mの強肩がある。また犠打などが巧みでチームを支えるプレーができる。179cmの内野手で50m6.0秒の足があり、身体能力の高さを確認したい。

注目度C:長屋陸渡選手は石川選手に次ぐ長打力があり、昨年秋は準決勝の住協学院大中京戦で2本塁打3安打4打点の活躍でセンバツ出場を決める働きをした。181cm80kgの体もあるサードで、スイングの強さ、長打力を確認したい。

チーム

投打で石川選手が中心になるがマークも厳しくなる。それでも、熊田選手、成沢選手など能力の高い選手がそろい、センバツの優勝候補の一角。守備では捕手の成沢選手が、打撃では5番の長屋選手が、そして投手では左のエース格・植田投手が成長をして石川選手の負担を分散させることができるかどうかがカギとなる。

2ケタ得点を奪う事も多い強打線で手が付けられない。ただし6、7点を相手に奪われると打線も消沈してしまう事も多いため、投手は5点までには抑えたい。

東邦高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP