2019センバツに向けて、広陵高の注目選手

広陵高, 鉤流大遂, 石原勇輝, 河野佳, 渡部聖弥, 渋谷拓磨, 藤井孝太, 中村楓大, 秋山功太郎, 森勝哉, 宗山塁

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は広陵高校。

広陵高の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:河野佳投手は最速148キロの速球を投げる右腕、見えにくい角度からの伸びるストレートは、センバツでもトップクラスと言えそうだ。

注目度A:宗山塁選手は新2年生だがチームの中心選手、秋は星稜・奥川投手から2安打など高い打撃技術を見せ、またショートにコンバートされても安定した守備を見せた。星稜の内山壮真選手と競える選手。

注目度B:森勝哉投手は180cm82kgの左腕で秋は142キロを投げ、中井監督からも一番良かったと評価された。大型左腕でポテンシャルも含め、将来ドラフト上位にもなれそうな投手。

注目度B:石原勇輝投手も178cmの左腕投手で140キロ前後のストレートを投げる。リリーフで登板しキレの良い球で空振りを奪えるストレートは注目。

注目度B:秋山功太郎捕手は180cmの大型捕手、昨年夏の甲子園は鉤流大遂捕手がマスクを被っていたが、秋はポジションを奪った。打撃や肩の評価が高く、キャッチングなどが伸びている。打撃にも注目をしたい。

注目度B:中村楓大選手は中学時にボーイズの日本代表で1年秋から4番を任される。フルスイングが特徴で甲子園でホームランが見られるか。

注目度C:鉤流大遂捕手は昨夏甲子園でマスクを被り高いセンスを見せた。肩や170cm72kgとやや小柄だが実戦向けの投手で、秋山選手と高い正捕手争いをしている。肩、そして打撃の強さが伸びているか注目したい。

注目度C:藤井孝太選手は強肩俊足のセンター、下位を打つが打点も多く勝負強さを見せる。肩と足、そして打撃の強さを見たい。

注目度C:渋谷拓磨選手は控えの外野手だが、50m6.0秒の足と遠投105mの強肩がある。俊足を生かしたプレーを見たい。

注目度C:渡部聖弥選手は2年生、サードでプレーするが、遠投110mの肩と50m6.1秒の足があり、来年は宗山選手とセカンド・ショートを争いそう。身体能力や打撃の技術をチェックしたい。

チーム

140キロクラスの投手が3人もおり、河野投手、森投手が先発をして石原投手がリリーフする。この3投手をうまく起用できればセンバツ優勝を狙える。守備も捕手・内野手・外野手で高いレベルのポジション争いをしており、今年はセンバツ以降もどんどん伸びていくチームとなりそうだ。

打線も足の速い選手がそろい、エンドラン、盗塁などいろいろとしかけられる。ホームランが多いチームではないが、主軸は確実に得点をする力があり、1年時から出ている中村選手などは打席で落ち着きがある。その中でポイントは2年生の宗山選手、秋は5番を打ち11打点を挙げたが、足もある選手で3番、1番でチャンスを作る役割もさせたい。

投手は多くの試合で1,2失点に抑えており、打線は2ケタ得点も多く8点前後は奪える。センバツの優勝候補の一つ。

広陵高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP