北海道日本ハムの清宮幸太郎選手がスタメン2塁打デビュー、ライバルより先に

清宮幸太郎, 日本ハム

北海道日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎選手が、1軍デビューを飾った。プロ初打席は、東北楽天エースの岸投手から2ベースヒットだった。

岸投手の本気も経験

6番DHで1軍昇格即スタメンとなった清宮幸太郎選手は、2回に回ってきた第1打席で、変化球などを余裕をもって見逃すと、高めに来た145キロのストレートを振りぬき、打球はセンターやや左方向に伸びていく。フェンスにダイレクトで当てる2ベースヒットを放った。

高校時代に磨かれた柔らかい打撃で、逆方向にもヒットを打てる。対戦した嶋捕手も「懐の深さとか非常にいい雰囲気を持っていたので、普通になめてかかったらやられるなとは思った」と話した。

エースの岸投手も「ものすごい打球が飛んでいったので、次からはしっかり投げようと思った」と話す。そして第2打席、カーブやインコースへの球を散りばめ、チェンジアップに清宮選手がタイミングが合わずに空振りすると、最後もチェンジアップを選択して三振を奪った。

また第3打席も最後はチェンジアップで空振り三振を奪う。しかし第2打席のような弱いスイングでの空振りではなく、少しでも高めだったら持っていくくらいの強いスイングでの空振りだった。

プロの洗礼も浴びた清宮選手だが、プロ第1号も近いと思う。今年はオープン戦中に体調を壊すなど、プロでの疲労や緊張などを体験していた。その間に安田尚憲選手や村上宗隆選手、中村奨成選手などはファームでホームランやヒットを積み重ねていた。しかし復帰するとファームで1試合2発などさすがの打撃を見せ、一気に1軍でライバルより先に初安打を記録した。

これをみて安田選手、村上選手、中村選手も燃えないわけがないだろう。誰かが打つたびに、それぞれが各チームを代表するスラッガーになっていく、そういう気配を存分に感じる。

2018年ルーキーの活躍一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

さらに大谷のプロ初打席でも対戦した岸は、第1打席に二塁打を浴び「ものすごい打球が飛んでいったので、次からはしっかり投げようと思った」と苦笑い。1―0の7回2死三塁ではフルカウントから空振りに三振を奪い「自分のピッチングをするだけだと思った」と振り返った。リードした嶋も「懐の深さとか非常にいい雰囲気を持っていたので、普通になめてかかったらやられるなとは思った」と話した。


PAGE TOP