ヤクルト・ドラフト1位の木澤尚文選手「間違いなく人気が出る」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース

東京ヤクルトは、ドラフト1位で指名した木澤尚文投手に、小川GMなどが指名あいさつをした。

スポンサーリンク

人気出る

小川GMは木澤尚文投手と言葉を交わし、「賢そうだなと。顔が小さいなと。間違いなく人気が出ると思わせてくれる雰囲気がありました」とその雰囲気を絶賛した。そして投手としても、「パワーピッチャーで、スピードと精度を上げていけば飛躍できる。バッターを押し込むスタイルで勝ち星を挙げてほしい。」と、顔に似つかないようなパワー系の投手として活躍を期待した。

木澤投手は「神宮のマウンドが成長させてくれた。非常に縁を感じています」と、地元の球場となる神宮球場について話した。現在神宮で行われている東京六大学リーグは、慶応大が6勝0敗2分け、早稲田大が5勝0敗3分けで1位、2位を走り、11月7日、8日の早慶戦で優勝が決まる。

早稲田のエースは、東北楽天ドラフト1位の早川隆久投手。もちろん1回戦で投げ合う事になる。東京ヤクルトが最初に1位入札をした相手を倒し、NO.1としてプロ入りしたい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2020年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 「パワーピッチャーで、スピードと精度を上げていけば飛躍できる。バッターを押し込むスタイルで、勝ち星を挙げてほしい。先発完投のタイプが理想です」と小川GMの最速155キロ右腕に対する期待は高まるばかりだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント