花巻東・大谷翔平投手、左足の違和感でピンチ!

高校野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

注目の151km2年生、花巻東の大谷翔平投手が久慈東戦の6回からリリーフで今夏初登板。しかし左太腿裏の違和感があり、この回に失策が絡んだもののタイムリースリーベースを打たれて2失点、見方が裏に逆転してくれたが、7回にも2アウトをとったものの1,2塁のピンチを作り、足がつって降板した。1回2/3で2安打4失点という内容、チームはサヨナラ勝利をあげたものの大谷投手の不調は誤算で、今後の登板機会が注目される。

この日は142kmをマーク、5つのアウトしか取れなかったがその内3つは三振で奪うなど力のある投球だった。横浜・田中幸雄スカウトも「きょうはあまり良くなかったね。それでも体つきがしっかりしてくれば楽しみ」と来年に向けて争奪戦が始まっている。

まだ身長も伸び続けている大谷投手にとって、体の成長に伴う痛みなどと今後付き合っていかなければならない。まだ結果を求めるには早く、今は成長に任せて大きく育ってほしい投手だ。

  •  - 
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page
  • コメント