広島がスカウト会議、盛岡大付・松本裕樹投手、西日本短大付・小野郁投手、済美・安楽智大投手、横浜・浅間大基選手など絞り込む

高校野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 広島はスカウト会議を開き、高校生の候補を32人に絞り込んだ。

名前が挙がったのは

 広島は高校生の高校について、前回のスカウト会議では60人をリストアップしたがこの日はそれを32人まで絞り込んだ。名前が上がったのは、盛岡大付の松本裕樹投手、西日本短大付・小野郁投手、済美・安楽智大投手、そして横浜高校の浅間大基選手の3人で、投手優先ならば、松本投手、安楽投手、野手(外野手)優先ならば浅間大基選手という事になる。

 ただし、ドラフト1位候補については即戦力投手が優先されそうで、特に地元出身の早大・有原航平投手や法大・石田健大投手、他に亜大・山崎康晃投手、明大・山崎福也投手の秋の状態を見て、最終的には優先されることになりそうだ。

 

広島の指名方針

 広島はまずエースの前田健太投手がメジャー移籍の可能性が高いという事で、昨年も大瀬良大地投手、九里亜蓮投手を獲得した。二人とも1軍で勝利するなどしたが、前田健太投手の穴を埋めるにはもう一人即戦力投手は必要。また、長年の課題でもある左腕投手は常に探しているが、先発については左右関係なく力のある選手を狙う。

 野手は菊池、丸の繋がりが大きく、4番以降の打線がカギになる。外国人も含めて候補は多いものの入れ替わりが激しい。また堂林選手が外野手も守るようになった。昨年のドラフト3位・田中広輔選手が活躍をしているが、サード・ショートで育てる選手が欲しいし、外野手もまだ埋まっていない。

 また捕手も、特にリードなどでベテランを脅かす捕手が少なく、将来も見越した捕手が欲しい。

 ドラフト1位で指名するならば、まずは即戦力投手で地元の有原投手に、外した場合には左腕なら石田健大投手、高校生投手なら松本裕樹投手、サード・ショートなら早大の中村奨吾選手など、捕手なら九州国際大付の清水優心選手や春江工の栗原陵矢捕手などの指名となりそうだ。

 広島は23日、広島市内のマツダスタジアムで今秋のドラフトへ向けてのスカウト会議を行った。今回は高校生について検討、春の段階で60人程度いた候補を32人に絞った。

 投手では夏の甲子園に出場した盛岡大付の右腕・松本裕樹投手(3年)や、最速157キロの済美・安楽智大投手(3年)、野手では今夏の神奈川県大会3本塁打を放った横浜・浅間大基外野手(3年)らがリストアップされた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント