広島、入団テストで一人合格!中京大中京OBの柴田健斗投手を指名へ

社会人野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

 広島の入団テストが94名の選手が参加して行われた。その中で投手として、中京大中京で控え投手として2004年の夏の甲子園に出場し、現在はエイデン愛工大BLITZでプレーしている柴田健斗投手が2次テストまで合格、広島カープもドラフト下位、または育成枠での指名を検討している。

 柴田健人投手は中京大中京出身で1年生の時に控え投手として甲子園に出場、その後捕手に転向した。中京大に進むと再び投手としてプレーした。現在はエイデン愛工大BLITZで中継ぎ投手として登板し、都市対抗の一次予選でも登板している。

 柴田投手は今回の結果について、「まあ決まったわけではないので、可能性はあるということなので、まあ練習していくだけです。」と話しているとのこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント