東北楽天、5人のスカウトが退団!

東北楽天ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 東北楽天は5人のスカウトが退団した。退団したのは、楠城徹アマ・スカウトグループ・マネージャー、吹石徳一チーフスカウト、中尾明生スカウト、武藤孝司スカウト、石山一秀スカウト。

 楠城マネージャーは西武で編成部長として活躍したあと、2004年から東北楽天のスカウト部長、編成部長となる。2007年に西武時代のアマチュア選手への不適切な金銭授受が発覚すると、その責任をとってスカウト活動を自粛し6月1日に解任となったが、12月に編成部長補佐として復帰、その後、再び編成部長となった。

 吹石チーフスカウトは2005年に東北楽天に入団すると、2007年に楠城チーフスカウトの退団に伴い、チーフスカウトとなる。女優の吹石一恵さんの父親としても有名。

 中尾スカウトは四国・中国を担当しており、武藤スカウトは昨年のドラフト2位・釜田佳直投手を担当していた。

 石山スカウトはアジア担当スカウトとして韓国、台湾などでスカウト活動をしており、来年は韓国の斗山ベアーズ2軍監督に就任する。

 一度にこれだけのスカウトが退団するのは異例で特にGマネージャーとチーフが辞めるというのは非常に気になる。12月が球団にとっては来年に向けた年初めのようなものでもあり、11月30日に退団が発表される事は多いが、詮索をしたくなってしまう。まさか大谷翔平投手の対応についてではないでしょうね!?

 既にスタートしている来年のドラフトに向けて、しばらくは大変な道のりとなりそうだ。

楽天】楠城氏らスカウト5人が退団  - ニッカンスポーツ・コム:2012/11/30

 楽天は30日、楠城徹アマ・スカウトグループ・マネジャー、吹石徳一チーフスカウト、中尾明生アマ・スカウト、武藤孝司アマ・スカウト、石山一秀プロ・スカウトの退団を発表した。なお、石山スカウトは韓国の斗山ベアーズ2軍監督に就任する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント