横浜DeNAのドラフト1位・山崎康晃投手に高田GM絶賛、先発も十分いける

横浜DeNAルーキーニュース

 横浜DeNAの山崎康晃投手が、ブルペンで早くも捕手を座らせて実戦的なピッチングを見せている。視察した高田GMも「リリーフじゃもったいない」と話し、先発として出来る力があると評価した。

早いけどマイペース

 山崎康晃投手は12球団の新人投手の中で一番最初にブルペン入りをしていたが、この日は捕手を座らせて42球を投げ込んだ。投球内容もナックルを投げた後に、山崎投手の代名詞でもある外角低めの伸びるストレートを決めた。

 「ストレートの後のナックルが難しいことが分かった。逆はいいんですが精度を高めていきたい。」と、実戦的な投球の中で課題を見つけている。亜細亜大時代も初練習から100球を投げ込んでおり、他の選手よりは早いもののこれがマイペースのようだ。

 帝京高校、亜細亜大と先輩や後輩の投手の層が厚く、2番手やリリーフの役割が多かったものの、1日200球以上を投げ込んでも長期離脱するような故障が無いのも山崎投手の魅力だと言える。

 

高田GM絶賛

 この投球内容に視察した高田GMも「リリーフじゃもったいない。順調にいけば先発でいける」と先発で考える事も示唆した。

 リリーフではバッターが手が出せないような素晴らしい球を投げるものの、集中力の持続が難しいのか先発では普通の投手になってしまう。それでも投げる球は素晴らしいのだが。

 気持ちで投げるタイプっぽい所もあるので、先発で活躍する為には、気持ちの盛り上がりを持続する工夫ができるようになるかだろう。コーチや首脳陣で山崎投手を盛り上げていく必要もあるが、中畑監督はぴったしかもしれない。

横浜DeNAベイスターズのチーム世代表 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 無回転で揺れる軌道に、ブルペンの横で見学していたファンからどよめきが上がった。捕手を初めて座らせて42球を投げた山崎康。「魔球」の正体はナックルボールだ。

 直球と変わらない投球フォームで、中指、薬指を立てて握る。予測不能の軌道に、捕手を務めた定岡2軍用具担当は「おっ、すげーな」と戸惑いの表情。名刺代わりとばかりに、いきなり5球を投じたドラフト1位右腕は「まだまだです。プロの球はアマチュアより(縫い目の)山が低いので合わせていかないと。もっと精度を上げたい」と表情を引き締めた。

山崎新スターターだ 日刊スポーツ紙面 2015/1/19

 

  一般的に向かい風で大きく変化するため屋外球場向き。「大学時代に東京ドームで投げましたが(ナックルを)使わなかった」と説明。空気抵抗の受け方に個人差はあるが、セの本拠地は巨人、中日がドーム球場。「ダルビッシュ投手もいろんな対応をされている」と臨機応変に挑む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント