横浜商大の154キロ右腕・飯田琉斗投手が2回3K無失点、日本ハム「力みが無くなった」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

横浜商大で最速154キロの速球を投げる飯田琉斗投手が、中央大とのオープン戦で2回を投げて無失点に抑えた。北海道日本ハムのスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

変化球を多投

飯田琉斗投手はこの日、5回に3番手として登板すると、2回を投げて3奪三振無失点に抑えた。最速は140キロ中盤に抑え、130キロ後半のカットボールと100キロ台のカーブを多投した。

6回、プロ注目の中央大・古賀悠斗捕手との対戦でも、ストレートで押してカウント2-2にすると、最後は108キロのカーブで空振り三振を奪った。「良いバッター。自分のやるべき投球を意識しました」と話した。

変化球が多かったことについて飯田投手は、「ストレートを思い通りに操れなかった。結果オーライという感じです」と話すも、「カーブを投げると投球のバランスが良くなるので」とバランスを意識し、テーマを持ってこの日は投げた。

北海道日本ハムの坂本スカウトが視察をしたが、「力みがなくなってバランスが良くなっている。課題やテーマも持って取り組んでいることがわかる」と話す。飯田投手は150キロ超のストレートを投げる力があるが、制球に課題があり失点する場面も多かった。「リーグ戦で優勝できるように」と試行錯誤を重ね、エースとして勝てる投手にという思いが伝わる投球だった。

こういうピッチングもできるんだという所を見せた。今度は150キロを超す球を記録する中で、この日のような結果が残せたら、ますます注目される投手になりそうだ。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「カーブを投げると投球のバランスが良くなるので」。この日は140キロ代中盤の直球、130キロ代後半のカットボールに加え、105キロ前後のカーブを多投した。緩急のあるピッチングで中大打線を翻弄した。

 視察に訪れた日本ハム・坂本スカウトも「力みがなくなってバランスが良くなっている。課題やテーマも持って取り組んでいることがわかる」と評価。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント