神奈川大・梶原昂希選手がタイムリー、ソフトバンク・ヤクルトスカウト「かなり魅力」「楽しみ」

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

神奈川大学リーグでは、神奈川大の梶原昂希選手がタイムリーヒットを打ち、7球団のスカウトもプレーに注目した。

スポンサーリンク

「かなり魅力」

梶原昂希選手はこの日、第1、2打席は三振に倒れたが、6回2アウト1,3塁で迎えた第3打席にライト前にタイムリーヒットを打ち、4-0での勝利に貢献した。4打数1安打3三振の成績に「タイミングのとり方にムラがある」と厳しい表情を見せた。

この日は7球団のスカウトが注目した。梶原選手は189cmの大型外野手だが、50m5.9秒の足と遠投110mの強肩で、リーグ戦で通算8本塁打の長打力も見せる。この日視察した福岡ソフトバンクの松本スカウトは「飛距離はもちろん、あれだけのサイズで走れるのはかなり魅力」と話すと、東京ヤクルトの斉藤スカウトも「飛距離は規格外で足もあるので楽しみ」と話す。

規格外の外野手ということで、昨年の阪神ドラフト1位・佐藤輝と比較される所もあり、非常に高い注目度の中で、今シーズンのアピールが期待される。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

国内7球団のスカウトが視察する中で、第1、第2打席が三振だっただけに、梶原は「苦し紛れの1本だった」と息をついた。

プロ注目梶原にスカウト7球団 スポーツ報知紙面 2021/4/4

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント