草野球でプレー、中央大・杉浦健二郎投手がBCリーグトライアウトで150キロ

杉浦健二郎

この日行われたBCリーグのトライアウトで、中央大法学部の学生で、自ら作った草野球チームでプレーしている杉浦健二郎投手が150キロを記録し、関係者を驚かせた。

初日のブルペンで150キロ

杉浦健二郎投手はBCリーグトライアウトの初日にブルペンの投球で、「フォームも制球も何も考えず、1球だけ全力で投げたら」と150キロを記録した。そしてこの日はグラウンドのマウンドで投球をすると、「右手の中指に血豆ができちゃって」と話したものの142キロのストレートを見せ、打者4人に対してノーヒット2奪三振の投球を見せた。

中学時代は野球部でプレーするも、甲子園には憧れを抱ていたものの、野球部の練習など「そこへの過程を考えると」と疑問を持ち、麻溝台高ではバドミントン部でプレーした。その後、指定校推薦で中央大政経学部に進むと、みずから相模台レイダースという草野球チームを立ち上げ、そこで無双の存在になっていたという。

しなやかなフォームからの140キロ台の速球はBCリーグ関係者だけでなく、この日、視察に来ていたNPB関係者の目にもとまり、来年からBCリーグに参入する神奈川フューチャードリームスの鈴木尚典監督も「2日間見させてもらいましたが、レベルの高い選手がたくさんいました。十分にNPBを狙えるレベルの選手も2、3人いました。楽しみです」と話し、地元の逸材投手をチェックしていた。

杉浦投手はNPB入りについて聞かれると、「入れたらな、くらいです」と話した。しかし、今年のドラフト会議でBC武蔵の松岡洸希投手がドラフト3位で埼玉西武に指名された事について、「率直に、すごい。自分もNPBを考えるなら1年で」と話した。来年1年間、BCリーグでプレーし、そこで評価されれば来年のドラフト会議で指名される可能性がある。ただ、プロ入りにそれほど強い想いは無いようで、来年のドラフトで指名されなければ、「復学すればいいだけですから」と中央大法学部で学生に戻り、法曹界やビジネスなどの道を目指す。

2019年度-BCリーグのドラフト候補リスト

球団関係者たちも素質に見とれており、来季はBCリーガーになる可能性が高い。NPBへは「入れたらな、くらいです」と笑うものの、格好の前例がある。昨年、浅い投手経験ながらトライアウトで合格したBC武蔵・松岡洸希投手(19=桶川西)が、今秋ドラフトで西武から3位指名。「率直に、すごい。自分もNPBを考えるなら1年で」とイメージしている。

夢破れても「復学すればいいだけですから」と割り切っている。


PAGE TOP