亜大・東浜巨投手、横浜DeNAのキャンプを視察!

亜大, 東浜巨

今年のドラフト会議の目玉、亜大・東浜巨投手が大学のキャンプ休日だった2月23日に、宜野湾で行われている横浜DeNAのキャンプを視察した。

ブルペンで山口俊投手などのピッチングに注目し「いい刺激になりました。捕手の構えた所にボールがいっていたし、審判を立たせてブルペンでも実戦に近い形で投げていて勉強になった」とコメントをしています。

亜大がキャンプをしているのは沖縄・東風平、またプロ球団で現在沖縄本島でキャンプを行っているのは、東風平から近い順に、浦添市の東京ヤクルト、宜野湾市の横浜DeNA、沖縄市の巨人、広島、北谷町の中日、宜野座村の阪神、名護市の北海道日本ハムの7球団、また東浜投手の出身、うるま市からからは沖縄市や北谷が近い。にもかかわらず、特に亜大の先輩などがいるわけでもない横浜DeNAのブルペンを視察したということは、横浜にとっては少なくとも悪い事はないだろう。期待を持たせてくれる。もちろん東浜投手だって注目されているのはわかっているはずなので、これはひょっとすると!?

  • 亜細亜大の注目選手一覧!
  • 亜大・東浜がDeNAキャンプ見学「いい刺激になりました」 - スポーツ報知:2012/02/22

    東都大学リーグ亜大の152キロ右腕・東浜巨投手(なお、4年)が23日、横浜DeNA宜野湾キャンプの見学に訪れた。この日は東風平(こちんだ)で行われている同大の春季キャンプが休日。ブルペンで山口俊投手(25)の投球を熱心に見守った今秋ドラフトの目玉候補は「いい刺激になりました。捕手の構えた所にボールがいっていたし、審判を立たせてブルペンでも実戦に近い形で投げていて勉強になった」と笑顔を見せていた。


    PAGE TOP