DeNAドラフト2位・早稲田大の徳山壮磨投手が契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約

2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト2位で指名した早稲田大の徳山壮磨投手と、契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約を交わした。番長がサプライズで交渉の場に同席した。

スポンサーリンク

またもサプライズ

徳山壮磨投手は、大阪桐蔭時代にセンバツで優勝を果たし、東京六大学でも2年春に3勝1敗の成績を残した。その後、好不調もあったが今春に3勝2敗、この秋は新型コロナの影響で練習が不足し1勝1敗で、リーグ通算9勝5敗だった。151キロの速球に変化球も多く備える右の本格派投手。

「スカウトの方3人と聞いていたので」と、入団交渉の場に臨むと、そこに三浦監督がいた。「まさかいらしているとは。びっくり。」と話す。身長は同じ183cmだが「大きかった。オーラに圧倒されました」と話した。三浦監督も「初々しい。礼儀正しく好青年」と話した。

横浜DeNAは今年のドラフト会議では、久々に高校生投手をドラフト1位で指名、NO.1右腕と呼び声の高い小園健太投手を獲得している。ドラフト2位で徳山投手を指名し、4位でも法政大のエース右腕・三浦銀二投手、5位でサイドハンド右腕の深沢鳳介 投手を指名、今年のドラフトだけで4人の右腕投手が指名された。

特に法政大の三浦投手とは高校、東京六大学で世代のトップを走るライバルで、今度は同じチームで1軍枠を争う。「1年目から戦力として戦えるように準備したい。」と話し、競争を生き残る意気込みを語った。

最速は151キロだが、ストレート全体ではプロではもう少し力が欲しい感じ。変化球は多くを投げられるが、決め球となる変化球を手にするのか、小さく動く球を使っていくのか、変化球をどのように使っていく投手になるのか注目したい。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
DeNAドラフト2位・徳山 番長登場にビックリ! 同じドラ2牧先輩に「負けたくない」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 早大・徳山の目が点になった。DeNAが即戦力と期待の証として大隈会館近くの仮契約交渉の場に、サプライズ同席させた三浦監督の姿に声を失った。「まさかいらしているとは…。びっくり。スカウトの方3人と聞いていたので」。身長は同じ1メートル83、体重も5キロ差ながら「大きかった。オーラに圧倒されました」と感激。契約金7000...
DeNAのD2位・徳山壮磨が仮契約 三浦監督のサプライズ訪問に「オーラがあって圧倒されました」
DeNAは16日、東京・新宿区のホテルでD2位・徳山壮磨投手(22)と仮契約を結んだ。契約金は7000万円、年俸は1200万円(金額は推定)。球団から進藤編成部…
DeNAドラ2伝説へ早大・徳山壮磨は牧と対戦経験「スイングすごかった」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
DeNA「ドラ2伝説」をつくる。早大・徳山壮磨投手(22)が都内のホテルで契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約。サプライズで三浦監督が登場し「相当びっ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント