オリックスがドラフト5位の大阪桐蔭・池田陵真選手と、契約金3500万円、年俸500万円で入団合意

2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスは、ドラフト5位で指名した大阪桐蔭の池田陵真選手と、契約金3500万円、年俸500万円で入団に合意した。

スポンサーリンク

福良GM「チームの中心選手になってくれたら」

池田陵真選手は捕手や外野手として中学、高校と注目され、大阪桐蔭では主将としてリーダーシップを見せていた。172cmと身長は高くないが、打席では根を張ったように足腰の強さを感じさせ、強い打球でバックスクリーンに打球を放り込む。

オリックスでは、同じく身長がそれほど高くないが、球界を代表するスラッガーの吉田正尚選手がおり、左右も違うし吉田選手ほどフルスイングではないが、打率も残せて長打も打てる選手としては似たタイプとも言える。池田選手は「球団を代表する選手の吉田正尚さんがどういうバッティングをされているのか気になっているので、うかがってみたいです」と話した。

福良GMは「若い選手が多いので、自由にやってもらえたら。勝負強いし、キャプテンシーもある。将来的にはチームの中心選手になってくれたら」と話した。チームでは高校卒2年目でショートで活躍する紅林選手や、1年目で1軍で出場し光を放った来田選手など、高校卒の若い野手も続々と1軍で活躍をしている。池田選手も1年目から1軍でプレーすることも期待される。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

大阪桐蔭の主将を務めた池田に対し、福良GMは「若い選手が多いので、自由にやってもらえたら。勝負強いし、キャプテンシーもある。将来的にはチームの中心選手になってくれたら」と期待した。担当の谷口スカウトは「打球はすごいし、勝負強さもありますし。そういう選手を取りたいと思っていた。縁があってよかったです」と、大阪桐蔭の後輩獲得にこぎつけて胸をなで下ろした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント