オリックス・岡田監督、内野手の補強を重視!

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックス・岡田監督が今年のドラフトについて、内野手が補強ポイントであることを示唆した。連動して都市対抗でもオリックススカウトがJR東日本・縞田拓弥選手や東芝・安達了一内野手を高く評価したが、ドラフト1位候補として東海大甲府・高橋周平選手の名前も挙がる。

オリックスは元々左腕投手を中心にスカウティング活動を行い、東洋大・藤岡貴裕投手や太成学院大高・今村信貴投手などをリストアップ、ドラフト1位は東洋大・藤岡貴裕投手の可能性が高いと見られている。しかしチームがBクラスとなり全体的戦力が足りないことを認識、右投手や野手も含めてドラフト直前までスカウトが視察をしている。

高橋周平選手の名前が挙がるものの、昨年も3回抽選を外した事やまた元々単独指名を狙う球団でもあることから、もし藤岡貴裕投手の指名を外すならば可能性としてはJR東日本・十亀剣投手などの方が高いと思う。内野手指名は2位以降で特に即戦力選手を指名すると考えられる。

  •  - 
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page
  • コメント