中日はドラフト1位でJR東日本・吉田一将投手の可能性高まる、桐光学園・松井裕樹投手も候補に

吉田一将, JR東日本, 松井裕樹, 桐光学園

 中日はドラフト1位指名候補にJR東日本の吉田一将投手が浮上しているとニッカンスポーツ。

桐光学園・松井裕樹投手が筆頭だったが

 中日はこれまで桐光学園・松井裕樹投手を筆頭候補としてきたが、ここへ来て吉田一将投手の評価が高まり、ドラフト1位候補としてリストアップされているようだ。

 今年はエース吉見投手がケガで離脱すると先発陣が崩壊し、リリーフの岡田俊哉投手や田島慎二投手などに大きな負担がかかった。さらに先発の中田賢一投手がFA移籍の可能性もあり即戦力投手が優先である事は間違いない。

明日23日に落合GM、谷繁監督が入ってスカウト会議

 球団は落合氏がGMに、谷繁選手が兼任監督となり、谷繁監督は就任時に球団の将来を担える選手の補強を要望し、中田スカウト部長も「即戦力投手一本だったけど、選択肢が広がった」と話していた。しかしチーム事情を考えても、また今年の候補の中での評価でもJR東日本・吉田一将投手は筆頭候補といえる。

 明日23日のドラフト前日に落合GMや谷繁監督が入ってのスカウト会議が実施される。桐光学園・松井裕樹投手や他の選手も候補として紹介するだろう。二人がどのような選手を望むか注目したい。

中日ドラ1は吉田か松井 - ニッカンスポーツ・コム:2013/10/22

  中日のドラフト1位有力候補に、JR東日本の吉田一将投手(24=日大)が浮上していることが21日、分かった。191センチの長身から150キロ近い速球と鋭いスライダーを操る本格派右腕。社会人NO・1投手との呼び声高く、阪神やオリックスなども1位候補に挙げる。中日は桐光学園・松井裕樹投手(3年)を最有力候補としてきたが、1年目から2桁勝てる素材として吉田の評価が急上昇。1位は吉田と松井を軸に、落合博満GM(59)や谷繁元信兼任監督(42)が加わる明日23日のスカウト会議(東京)で決定する見込み。


PAGE TOP