10月31日のその他のドラフト指名選手への動き

横浜高, JR東日本, 香川オリーブガイナーズ, 星野雄大, 戸田亮, 西濃運輸, 田原啓吾, 高橋朋己, 水口大地

 埼玉西武はドラフト会議で4位指名した西濃運輸・高橋朋己投手に指名挨拶を行った。阪神4位の小豆畑真也捕手と同じ日の指名挨拶となった。奥薗満編成部育成アマチュア担当部長らから指名あいさつを受けると「1軍で活躍したい」と初年度の抱負を語った。

 東京ヤクルトはドラフト5位指名した香川オリーブガイナーズの星野雄大捕手に指名挨拶を行った。

 オリックスはドラフト会議で6位指名したJR東日本・戸田亮投手に指名挨拶を行った。

 巨人は育成ドラフトで1位指名した横浜高校・田原啓吾投手に指名挨拶を行った。田原投手は同じく育成枠から今ではプロ野球を代表する左のリリーフとなった山口鉄也投手を目標とし「投球術を教わりたい。どういった練習をしているのかも聞いてみたい」と弟子入りを志願した。

 埼玉西武は育成ドラフトで1位指名した香川オリーブガイナーズの水口大地内野手に指名挨拶を行った。

 

 巨人から育成ドラフト1位指名された横浜高の田原啓吾投手(18)が31日、横浜市内の同校で指名あいさつを受けた。緊張した面持ちながら、大きな希望を胸に言い切った。「目標の投手は山口鉄也投手です」。巨人では、05年に山口が同じ育成1巡目で横浜商から米Dバックス・ルーキーリーグを経て入団。08年には育成枠出身初の新人王を獲得した。

 

 左腕は「投球術を教わりたい。どういった練習をしているのかも聞いてみたい」と早くも弟子入りを志願。自身の持ち味を聞かれ「直球とフォークが武器。それを生かして打者を抑えていきたい」と目を輝かせた。

 西武ドラフト4位の西濃運輸の148キロ左腕・高橋は岐阜県大垣市内の同社で西武の奥薗満編成部育成アマチュア担当部長らから指名あいさつを受け、「(1年目から)1軍で活躍したい」と意欲を示した。


PAGE TOP