巨人、ドラフト2位の山崎伊織投手と仮契約、ポスト菅野は2022年の先発ローテーション目指す

2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人はドラフト2位で指名した東海大の山崎伊織投手と、契約金7500万円、年俸1200万円で仮契約を交わした。この日、ポスティング申請をしたエース・菅野智之投手の東海大の後輩が、巨人でもポスト菅野としてマウンドに立つ日を待つ。

スポンサーリンク

ポスト菅野

山崎伊織は今年春にトミー・ジョン手術を受けたが、最速153キロのストレートと消えると言われるスライダーは昨年の日米大学野球でもメジャー予備軍を抑える事で、その威力を証明している。もし、故障がなければ早稲田大・早川隆久投手と同じくらいの評価で複数球団が指名競合をしていただろう。

現在は復帰を目指しリハビリ中で、来年の開幕戦には間に合わない見通し。しかし、しっかりと故障から復活すれば、エースとしての投球が十分期待できる。球団は「1年目はリハビリの期間になると思うので、2年目から先発ローテーションに入れるように、菅野投手のようになれるよう頑張っていきましょう」と話し、2022年の先発ローテーションでの登板を期待する。

しかしこの日は、大学の先輩で巨人のエースの菅野智之投手がポスティングを申請した。順調に行けば山崎投手とは入れ違いとなってしまう。まだ仮契約の会見時は菅野投手のポスティングのニュースは出ていなかったが、山崎投手は「結果で恩返ししたいです。焦らずしっかり治すことが大事なので、やるべきことをしっかりとやっていきます」と話した。

2022年に巨人のエースとしての投球を必ず見たい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
読売ジャイアンツのドラフト指名予想
読売ジャイアンツ公式ページ 読売ジャイアンツドラフト掲示板 読売ジャイアンツ過去のドラフト指名読売ジャイアンツ/ドラフト最新記事以前のニュースはこちら補強ポイント分析2020年の戦力と将来のチー...
【巨人】ドラ2山崎伊織、目標は「将来は『山崎しかいない』と思ってもらえる投手」
 巨人のドラフト2位・東海大の山崎伊織投手(22)が3日、都内のホテルで仮契約を結んだ。契約金7500万円、年俸1200万円(金額は推定)。大学の先輩である菅野を目標に「将来は『山崎しかいない』と思っ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント