ドラフト会議当日の福岡ソフトバンク関連ニュース、王会長が松井裕樹引く

松井裕樹, 桐光学園

 本日がドラフト会議、今朝の福岡ソフトバンクに関するドラフト関連のニュースをまとめます。情報が入り次第、更新していきます。

1位は松井裕樹投手

 福岡ソフトバンクはスカウト会議を約1時間半で終えた。桐光学園・松井裕樹投手と九共大・大瀬良大地投手を候補に挙げていたが、王会長は「よほどの事がない限り、大きく変わることはないでしょう」と話し、松井裕樹投手の1位指名となる。

抽選は王会長

 また王会長は「残念ながら今年は競合しないというのは無理だろう」、「前に進むしかない」と話した。そして会議では1位候補よりもくじ引きの人選で時間をとったという。王会長は今年は次の人に渡したいと話していたが、秋山監督はそれを固辞していた。そして最終的には「ドラフトは球団、編成の大きな仕事。最終的に王会長にお願いし引き受けていただいた」と王会長が今年もくじを引くことになる。

王会長連勝だ、黄金の右 - 西日本スポーツ:2013/10/24

 


PAGE TOP