智弁学園・岡本和真選手は4打数2安打で終わる、プロのスカウト絶賛

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 夏の高校野球、大会5日目で智弁学園vs明徳義塾の試合が行われ、プロ注目の智弁学園・岡本和真選手と明徳義塾の岸潤一郎投手の対戦は4打数2安打、2三振だった。試合は明徳義塾が10-4で勝利し、岡本和真選手は試合後にプロ入りを表明した。

対決の内容

 第一打席は岸投手が外角に143km/hのストレートとスライダーで追い込み、最後は外のスライダーで空振り三振を奪った。続く第二打席も外角中心の投球で追い込んだものの、決めに行ったスライダーが真ん中高めに入り、レフト前に鋭くドライブしながら落ちるヒットととなった。

 第三打席も早めに追い込んだものの、外角低めのスライダーについてゆき、ライト前にポトリと落ちるヒット、そして第4打席は、岡本選手が完全にホームランを狙ってきた。外角のスライダーの軌道にバットを合わせる事も無く、空振りを連発して三振に取られた。

 勝負としては互角と言える。岡本選手は第2打席の鋭い打球は少し下には入ればホームランの当たり、しかし第4打席はホームランを狙ったとは言え、スライダーの球とバットはかなり離れていて、狙ってフルスイングでももう少しボールに近いところを振らないと、という打撃だった。

 

プロは絶賛

 この対戦も含め岡本選手に、各球団の首脳クラスからコメントが出ている。

○巨人・原沢敦球団代表兼GM:「生で見るのは初めてですが、スケールが大きいし、豪快。打球が速く高校生離れしている。マークがきつい中で打てるのは大したもの。ホームランを打つだけでなく、柔軟さ、うまさがある。」

○巨人・山下スカウト部長:「きっちり両方向に打ち分けられていた。春より柔らかさが出た。高校生離れしたスケール、パワーがある。野手ではトップクラス。間違いなく上位候補。」

○阪神・中村GM:「バッティングは非常に魅力がある、ものがちがう。右の和製大砲としてのどから手が出るほど欲しい。一塁以外も守れるし、何より大舞台で見ても将来のスターらしい雰囲気がある。上位で消えるのは間違いない。」

○福岡ソフトバンク・永山勝アマスカウトチーフ:「遠くへ飛ばす力があるし、さらに鍛えれば、右の長距離砲として楽しみな存在。」

○横浜DeNA・吉田孝司スカウト部長:「雰囲気があるし、ヘッドスピードが速い。タイミングの取り方がよく、左前のタイムリーは角度が違えばホームランになってもおかしくない鋭い打球だった」

○オリックス・中川隆治編成部アマスカウトチーフ:「打撃は言うことない。変化球で崩されても対応できる。今年のアマ球界でこの選手ほど飛ばす選手はいない。タイプは少し違うが中田翔のよう。ホームランアーティストになれる。」

○広島・苑田スカウト部長:「フォームに欠点が無いし、プロに行っても直す所が無い。高校生でそういう選手は清原以来」

○広島・鞘師智也スカウト:「中軸を打てる力があるし、配球を読む力もある。」

○千葉ロッテ・松本尚樹編成統括:「スケールが大きい、天性の長距離砲。今の日本人では貴重な選手であり、将来プロ野球を背負っていける雰囲気を持っている。」

ヤクルト・鳥原チーフスカウト:「ウチはバレンティンの後の4番を探している。間違いなく大砲だね」

日本ハム・山田GM:「ウチの大谷と中田とクリーンアップが組めれば楽しみ。だけど、それには上位でないと無理だろう」

○東北楽天・早川スカウトマネージャー:「柔軟性が出てきた。待つ格好に余裕が出てきたように思えた。」

 

 岡本和真選手は試合後に「上の世界で、できればプロで頑張りたい」とプロ入りを表明した。ドラフト会議では1位か2位で指名されるのは確実とみられる。

 右の大砲が欲しいチームは多く、各球団の駆け引きもあるが、単独1位指名での指名があるかもしれない。

 

 明徳義塾・岸潤一郎(3年)との対決。0―3の3回に1点を返してなおも2死二塁、左前適時打を放ち珍しくガッツポーズを決めた。しかし、得点圏に走者を置いて打席に立ったのはこの一度だけ。6回無死では右前へ安打を運び3点目のホームを踏んだが、初回、8回の打席は警戒していたカットボールに2三振を喫した。「自分の力不足です」。試合後は岸に「ありがとう」と声をかけ、好勝負をたたえ合った。

 センバツで1試合2本塁打と衝撃的な甲子園デビュー。一躍注目の的となり「書かれることが実力よりも大きくて、最初はプレッシャーがあった」と試合後には、素直に打ち明けた。それでもプロの評価が下がることはなく、「次の世界で、できればプロで頑張りたい」と語ると、力強い足取りで聖地を後にした。

 ▼巨人・原沢敦球団代表兼GM 生で見るのは初めてですが、スケールが大きいし、豪快。

 ▼ソフトバンク・永山勝アマスカウトチーフ 遠くへ飛ばす力があるし、さらに鍛えれば、右の長距離砲として楽しみな存在。

 ▼DeNA・吉田孝司スカウト部部長 雰囲気があるし、ヘッドスピードが速い。

 ▼オリックス・中川隆治編成部アマスカウトチーフ 打撃は言うことない。変化球で崩されても対応できる。今年のアマ球界でこの選手ほど飛ばす選手はいない。

 ▼広島・鞘師智也スカウト(将来的に)中軸を打てる力があるし、配球を読む力もある。

 ★スカウトの岡本評 ヤクルト・鳥原チーフスカウト  「ウチはバレンティンの後の4番を探している。間違いなく大砲だね」

日本ハム・山田GM  「ウチの大谷と中田とクリーンアップが組めれば楽しみ。だけど、それには上位(指名)でないと無理だろう」

DeNA・吉田編成スカウト部長「タイミングの取り方がよく、左前のタイムリーは角度が違えばホームランになってもおかしくない鋭い打球だった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント