星槎国際湘南・本田仁海投手が大学生相手に好投

星槎国際湘南, 本田仁海

星槎国際湘南はこの日、桐蔭横浜大と練習試合を行った。プロ注目の本田仁海投手が9回4失点の投球を見せた。

2回以降安定

夏の大会前最後の対戦は大学生が相手だった。桐蔭横浜大は下級生主体とはいえ、全国から注目された選手が集まっているチームで、本田仁海選手も立ち上がりに4安打を打たれて3失点をしてしまう。

しかし2回以降は「今日はショートモーションが良かった」と、クイックで投げるようにすると相手バッターのタイミングを外し、2回から9回までは3安打1失点に抑えた。試合は0-4で敗れたものの、9回7安打4失点の投球に納得の表情だった。

神奈川大会は横浜高校、東海大相模、桐蔭学園、慶応などにプロ注目のスラッガーがおり、甲子園出場に向けてそれらの選手との対戦は避けられない。147キロの力のある速球で甲子園出場をに手にしたい。

星槎国際湘南高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2017年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト

桐蔭横浜大の「2番中堅」で出場した山ノ井隆雅外野手(1年=作新学院)は「(本田の)球に勢いがあった。コントロールが良く、きれいなストレート。想像以上にきていた」と話した。


PAGE TOP