花咲徳栄・井上朋也投手にカープ・尾形スカウトが評価

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

花咲徳栄の主砲・井上朋也について広島カープの尾形スカウトが、内野手としての動きがチェックポイントと話す。

肩は強いので心配していない

広島の尾形スカウトは、花咲徳栄で高校通算47本塁打を放つ井上朋也選手について 、「スイングが速くてパワーがあるので、インパクトが強い。ボールをつぶす力があって、他の選手とは打球音が違います。引っ張るだけでなく、逆方向へも長打が打てる。球を上から叩けるスイングで、木製バットも苦にしないタイプです」 と、打撃を非常に高く評価した。

井上選手は昨年夏の甲子園でライトで出場をするなど外野を守ってきたが、昨年秋からサードで守備練習をしている。これについて尾形スカウトは「右の長距離打者で内野手なら、さらに評価は上がります。プロ入りを考えれば、三塁挑戦はプラスです。」と評価し、今年のチェックポイントとして、「三塁の守備が見てみたい。肩は強いので心配していませんが、内野手としてのスローイングや打球の処理ですね」と話した。

井上選手は1年時から強力打線の中に加わり、甲子園でその打撃を見せた。そして昨年は外野手として、足の速さや肩の強さを見せるなど、身体能力の高さを見せた他、春にはレフトスタンドに打った瞬間に打球が消えるようなホームランを放ち、秋は県営大宮のライトスタンドに放り込むホームランを放った。変化球の対応など課題も見えるが、見極めがしっかりとできるようになり、サードでの守備も安定さが見られれば、石川昂弥選手に匹敵してくる可能性も十分ある。

昨年は打撃に圧倒された。高校屈指のスラッガーとして今年1年間注目したい。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

「右の長距離打者で内野手なら、さらに評価は上がります。プロ入りを考えれば、三塁挑戦はプラスです。スイングが速くてパワーがあるので、インパクトが強い。ボールをつぶす力があって、他の選手とは打球音が違います。引っ張るだけでなく、逆方向へも長打が打てる。球を上から叩けるスイングで、木製バットも苦にしないタイプです」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/267446
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント