健大高崎のプロ志望届提出の3投手が登板、アピール狙ったが

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

甲子園交流戦では、プロ志望届を提出している健大高崎の下慎之介投手、橋本拳汰投手、鈴木威琉投手がそれぞれ登板をし、スタンドで視察するプロのスカウトのアピールをした。

3投手がそれぞれアピールも

エース左腕で最速143キロの下慎之介投手は、この日も先発をしたものの、2回に3連打を浴びるなど4回3失点、「高めに浮いたところをうまく持って行かれてしまった。大事な場面で粘りきれなかった。簡単に点を与えてしまった。ストレートも変化球も高めに浮いてしまい、修正しようと思ってもうまくできなかった。」と話した。

この日の投球について、中日・米村チーフスカウトは「左だし、面白いと思うが、細かいコントロールやベース板の上の球の強さはもう少し見ないといけない、スピードがもう少し上がってくるといいが」と評価した。

プロを目指す下投手は「僕の目指している世界は今日みたいな投球をしているようでは通用しない。残された時間を上のステージにつなげられるよう頑張りたい」と話し、合同練習会を視野に再調整に臨む。

8回に登板をした橋本拳汰投手は、140キロのストレートとスライダーで1回を1安打1奪三振無失点に抑え、「自分の出来ることは全部出せた甲子園だった。真っすぐも低めに投げられたし、変化球も良かったと思う」と話した。

橋本投手も合同練習会に参加予定で、「最速が144キロでは物足りない。時間はないが、そこまでにまずは145~146キロは欲しい。」と話した。そしてプロ入りに向け「あとは変化球のコントロールを磨いていきたい。そうでなければ真っすぐを狙われてしまう」と変化球も磨いていくと話した。

そして9回には鈴木威琉投手が登板し、最速144キロを記録してプロのスカウトにアピールをした。10球を投げて1安打無失点に抑えたが、140キロ台を連発する力を見せた。鈴木投手も合同練習会に向け、「コントロールと変化球の精度を上げていきたい。レベルが高い投手陣の中でやれたことで成長出来ました」と話した。

2020年高校生プロ志望届提出選手一覧
高校生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。8月13日に17名が追加され合計78名になりました
健康福祉大高崎高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

中日・米村チーフスカウトは「左だし、面白いと思うが、細かいコントロールやベース板の上の球の強さはもう少し見ないといけない、スピードがもう少し上がってくるといいが…」と期待を込めて話した。

次のステージに向け「僕の目指している世界はきょうみたいな投球をしているようでは通用しない。残された時間を上のステージにつなげられるよう頑張りたい」と見据えた。

9回に投げた鈴木威琉投手(3年)も、最速144キロをマーク。1安打無失点に抑えただけでなく、10球中5球が140キロを超えた。同じく、合同練習会に参加予定。「コントロールと変化球の精度を上げていきたい。レベルが高い投手陣の中でやれたことで成長出来ました」。入学当初が130キロだった球速も、145キロまで伸ばし、今秋のドラフト指名に挑む。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント