長崎日大1年・西尾海純投手が8回1失点で勝利、最速141キロ右腕

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

秋季高校野球九州大会は準決勝が行われ、長崎日大は1年生でエースナンバーをつける西尾海純投手が、大分商を8回6安打1失点に抑える好投を見せた。

スポンサーリンク

141キロ右腕

西尾海純投手は177cm71kgの右腕投手で、最速141キロのストレートに、得意のカットボールを織り交ぜて投げる。1年生で背番号1を背負うエース投手。

この日は大分商戦で先発すると、上から投げ下ろすストレートは高めにも伸びがあり、カットボールとともに右打者はスライダー、左打者はフォークで三振を奪う。長崎日大出身で広島の大瀬良大地投手に憧れ、「意識してます。コントロールを見習っています」と話す。

1回戦の文徳戦で登板したもののストレートが浮き、27日のチーム内でのシート打撃でも精彩を欠いて、平山監督から怒られたという。その後、ブルペンとシャドーピッチングで「真っすぐの伸びと、コントロールを意識した。フォークで開かないようにしました」とフォームを修正し、この日の好投につなげた。

また、この1年生エースをリードする豊田喜一捕手は、二塁送球1.8秒台を記録する強肩で、この日も二盗を1つ刺して勝利に貢献した。

センバツ出場が当確となっている長崎日大、楽しみな投手が来春に甲子園で見られそうだ。

長崎日大が秋季九州大会初V王手 1年生エース西尾海純が8回1失点好投「期待に応えたい」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
長崎日大(長崎1位)が、快勝で秋季九州大会初優勝に王手をかけた。過去には97年春季九州大会で優勝1度。同校の歴史を塗り替える偉業に挑む。今大会2度目の先発とな… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大会休養日の27日の練習ではシート打撃登板で結果が出ず、平山清一郎監督(43)から怒られて、修正した。ブルペンで立て直して、夜にはシャドーピッチング。「真っすぐの伸びと、コントロールを意識した。フォークで(体が)開かないようにしました」という取り組みが功を奏した。

長崎日大 選抜出場決定的 1年生右腕・西尾が躍動 気づかされた指揮官からのカミナリ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 準決勝2試合が行われた。長崎日大(長崎1位)は大分商(大分2位)に4―1で勝利し、来春の選抜出場が決定的となった。先発した最速141キロ右腕の西尾海純投手(1年)が8回1失点の好投だった。沖縄尚学(沖縄1位)は海星(長崎2位)に7―6で逆転サヨナラ勝ち。決勝はきょう29日に行われる。

 ≪豊田強肩見せた≫捕手の豊田喜一(2年)が攻守でもり立てた。攻撃では1安打1盗塁。守備では二塁までの送球タイム最速1・8秒の強肩で二盗を刺した。27日の練習中にワンバウンドのボールが右目を直撃した影響を感じさせない活躍に「いいプレーができたかなと思います」と話した。現在のチームの合言葉は「何事も一番を取ろう」。豊田は「明日ひとつ勝ちきりたい」と九州頂点へ意気込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント