ルーキー18人が開幕1軍、生き残れる選手は?

ルーキーニュース

今日開幕するプロ野球、ルーキーは18人が開幕1軍を掴んだ。ただしここから厳しい1軍生き残りの戦いが始まる。最後まで生き残る選手は誰か。

スポンサーリンク

セリーグ

巨人・・・ルーキーの選出は無し、2位の太田龍投手がファームで結果を出せば、リリーフでの1軍昇格は近い。

横浜DeNA・・・3位の伊勢大夢投手と6位の蝦名達夫選手が開幕ベンチ入り。伊勢投手はリリーフで150キロの速球を投げる。勢いはあるものの制球力はもう少し必要で、1軍で思い切り腕を振って投げたい。強力リリーフ投手陣がおり、エスコバー投手も外れている事などから最初の投球が生き残りのカギとなる。
 蝦名選手は練習試合でも1軍で活躍は少なかったが、一昨年もドラフト下位で指名した楠本選手を1軍に抜擢しており、1軍の雰囲気を経験させる。最初は試合で活躍したとしても、先発陣の1軍登録と入れ替わりに交代すると思うが、ファームでどんどん磨いてほしい。
 ローテーション入りが決まっている2位の坂本裕哉投手は、登板日に1軍登録される。

阪神・・・昨年のドラフトで唯一即戦力として指名した6位の小川一平投手が1軍入り、練習試合で150キロ前後の勢いある球を投げ、リリーフとして1軍で十分活躍できると評価された。生き残りの可能性はかなり高い。

広島・・・昨年のドラフトで注目選手の一人、1位の森下暢仁投手が1軍メンバー入り。本来ならば先発ローテーション入りして、登板日に登録されるはずだったが、練習試合で大量失点が続き、まずはリリーフで経験させる意味合いか。

中日・・・2位の左腕・橋本侑樹投手と4位の郡司裕也捕手が1軍。郡司選手は練習試合で大野投手と組んでおり、開幕スタメンの予想もあったが、経験のある加藤捕手がスタメンの予想。加藤捕手の課題である打撃面でアピールを続けたい。
 橋本投手は練習試合で大量失点も経験したが、その後は安定しておりリリーフとしてベンチ入りした。先発陣が入ってくる中でリリーフで投げ、その投球が重要となる。

東京ヤクルト・・・4位の大西広樹投手が1軍入り。1軍メンバーは今野投手、長谷川投手という若手と共に入っており、先発ローテーション陣が入ってくる中でどれだけの球を投げられるか。

パリーグ

埼玉西武・・・1位の宮川哲投手、2位の浜屋将太投手、4位の柘植世那捕手が1軍入り。投手2人は昨年チームの課題だったリリーフ陣に加わり、平井投手の負担を減らしたい。与座投手、平良投手などとの生き残り競争となり、先発ローテ陣が入ってくる1週間の中で生き残れれば最後まで戦力として投げられそうだ。

福岡ソフトバンク・・・3位の津森宥紀投手、5位の柳町達選手が開幕1軍。津森投手はリリーバーとして好投を見せており、二俣、泉、川原、松本の若手投手との生き残り競争となる。力も経験も十分にあり、最後まで生き残れる投手だろう。

東北楽天・・・1位の小深田大翔選手、3位の津留崎大成投手が1軍入り。小深田選手は、二塁・浅村、三塁・鈴木、遊撃・茂木のバックアップとして必要な位置におり、まずは守備固めや代走、代打から結果を残したい。2位・黒川史陽選手などの突き上げもありそうで、1カ月でどれだけアピールできるか。
 津留崎投手もストレートの力は十分で、松井投手が先発に転向する中で、やや少ないリリーフ陣としてかなり重要視されそうだ。

千葉ロッテ・・・2位の佐藤都志也捕手と5位の福田光輝選手が1軍入り。正捕手・田村選手は経験も十分だが、佐藤選手もかなりつかわれるのではないかと思う。得意の打撃で正捕手の座をつかみたい。
 福田選手は中村選手、藤岡選手、レアード選手のバックアップだが、藤岡選手とはガチのポジション争いとなりそう。代打で結果を出せばすぐにポジションの入れ替わりとなる事も考えられる。

北海道日本ハム・・・リリーフのドラフト4位・鈴木健矢投手が1軍入り、変則フォームからのキレの良い球はリリーフとして十分活躍できそうで、やや層が薄くなったリリーフ陣で貴重な存在。1位の河野竜生投手は、貴重な左の先発としてローテーションに入ってくる。

オリックス・・・5位の勝俣翔貴選手が開幕1軍。5位の指名だったが、高校、大学を通じて実力は十分評価されており予想通り。生き残りをかけては1年先輩で、昨年、ルーキーとして大活躍を見せた中川選手が相手となる。代打から打撃でアピールし、勝負を挑みたい。

2020年の開幕1軍を手にしたルーキー
新型コロナウイルスの影響により、3か月遅れとなったプロ野球の開幕1軍を手にしたルーキーは?6月18日、本日公示!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント