横浜DeNA・倉本寿彦選手、前田健太投手からヒット&値千金タイムリーで1軍当確

横浜DeNAルーキーニュース

 横浜DeNAの倉本寿彦選手が、1軍を手中に収めたようだ。この日の広島との練習試合で、他の選手がノーヒットで手も足も出ない中で倉本選手だけがヒットを記録、また9回には値千金の2点タイムリー2ベースヒットを放ち、中畑監督が「おめでとう」と1軍入り当確の意思を示した。

値千金の2安打

 まだ前田健太投手は調整段階の時期ではあるが、石川、ロペス、バルディレス選手といったDeNAレギュラーが揃う打線から3回1安打無失点と、球界のエースの力は抜きんでていた。しかしその唯一の1安打を記録したのは、ドラフト3位ルーキーの倉本寿彦選手だった。

 倉本選手は2ストライクと追い込まれ、「難しいボールだった」と本人もいう内角高めのストレートを強くはじき返すと、ライト前にヒットを放った。

 そして9回には3-5と2点ビハインド、しかし2アウト2,3塁と、1打出れば同点、打てなければ試合終了という場面で打席に入る。そこで倉本選手は岩見投手の球を見極め、ライト線を鋭く抜く2ベースヒットを記録、練習試合とは言え負けを消す大きな場面での打撃だった。

 球界のエース空のヒット、試合の負けを消すヒット、4打数2安打の価値はものすごく高いものだった。

 

中畑監督「おめでとう」

 この日は特別な試合でもあった。倉本選手は神奈川出身で、小さい頃から横浜ベイスターズファン、中でも石井琢朗選手に憧れて遊撃手となった。この日は広島のコーチを務める石井氏に試合前に初対面し、「野球をやめるまで、5をつけろ」と激励された。

 また試合後には、中畑監督が「何か持っている。戦力として期待できる。おめでとう」と話し、1軍戦力として考えている事を明らかにした。

 まだ時期は早いし、これから疲れも出てくるだろうし、1軍クラスの投手の凄さも見せつけられるだろう。しかし、1軍当確を決めた事で、次のステップである正遊撃手に向けて一歩踏み出せる。

日本新薬のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 

目標はチームOBでもあり、背番号5の先輩・石井コーチだ。この日の試合前練習で初対面を果たすと、試合直前には石井コーチの要望で背番号5の後ろ姿を写真に撮られ、「野球をやめるまで、5をつけろ」と激励された。「鳥肌が立ちました。石井さんの前で活躍できてうれしいです」と頬が緩んだ。石井コーチも試合後、「背番号は選手の顔。5番を倉本の顔にして欲しい」とうなずいた。

 中畑監督は「何か持っている。戦力として期待できる。おめでとう!」と手をたたいて喜び、さらなる成長を期待した。

 

 「いい投手だし、球が見られてよかった」。昨季、3勝(1敗)を許した相手エース。この日も3回で得点を挙げられなかったが、倉本だけは苦にしなかった。さらにキャンプの実戦最終打席となった2点を追う9回2死二、三塁でも右翼線へ同点の2点二塁打。左腕・岩見の内角スライダーを叩き「ツボ(内角)に来たので、(体に)当たってもいいと思って反応した」と頼もしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント