法大・三嶋一輝投手、社会人相手に2回1安打無失点!

法大, 吉田一将, 石田健大, JR東日本, 三嶋一輝, 宮崎太郎, 戸田亮

 法大vsJR東日本の社会人・東京六大学対抗戦が行われ、法大の三嶋一輝投手が3番手として登板すると、145km/hのストレートで社会人王者を2回1安打無失点に抑えた。奪った三振は1つ。

大学最終年に先発が予定されている三嶋投手は、「ストレートで勝負したい」と話し、ドラフト会議に向けてストレートで勝負できるエースとしての姿を見せる。

 また法大では同じく先発候補の石田健大投手も2番手で登板し2回を1安打3奪三振で無失点と好投、三嶋投手が抜けた押さえ候補として登板した宮崎太郎投手が8回1イニングを三者三振に斬って取るなど力を見せた。

 対するJR東日本は先発の戸田亮投手が150km/hを記録するストレートで7回6安打8奪三振で2失点と好投したほか、昨年日大で活躍した吉田一将投手が1回2/3を投げてノーヒット2奪三振とまずまずの投球を見せた。試合は2-3でJR東日本がサヨナラで勝利した。

  • 大学生投手ドラフト候補一覧!
  • プロ注目の・三嶋2回無失点「真っすぐは勢いあった」 - スポーツニッポン:2012/04/09

    今秋のドラフト候補の法大・三嶋が5回から3番手で登板し、2イニングを1安打無失点。上々の投球を見せた。

     140キロ台中盤の直球で押す内容に「真っすぐは勢いもあったと思う。今年は真っすぐにこだわってやっていきたい」と納得の表情を浮かべた。金光興二監督は「船本、石田、三嶋の3人は先発で回すと話してある。(昨秋未勝利の)三嶋は復活してきている」と期待を寄せた。


    PAGE TOP