東都リーグ、亜大・山崎康晃投手、148km/h速球で7回9奪三振、中村篤人選手がホームラン

青学大, 亜大, 山崎康晃, 中村篤人, 長谷川陽亮

 東都リーグの亜大vs青学大の2回戦が行われた。昨日、九里亜蓮投手で試合を落とした亜大だったが、この日は山崎康晃投手の好投と中村篤人選手のホームランで勝利、対戦成績を1勝1敗とした。

 亜大は生田監督が期待を寄せる最速151km/h右腕・山崎康晃投手が先発すると、7回まで5安打9奪三振で無失点に抑え相手を寄せ付けないピッチングを見せた。山崎投手は帝京高時代から140km/h中盤のストレートを投げていたものの、ストレートが甘く入って痛打され、変化球でかわす投球が目立っていた。この日は多彩な変化球に加え、最速148km/hを記録したストレートで見逃し三振を奪うなど、安定感のあるピッチングだった。

 また打っては昨年の大学野球選手権でホームランを放つなどチャンスに強い中村篤人選手が初回に2ランホームランを放つなど4打数3安打3打点と活躍し9-0で勝利した。

 中村選手は50m6.1秒の足と遠投100mの強肩もある。昨日は3三振に終わったが、今日の活躍で注目されるようになるかもしれない。また、山崎投手は来年のドラフト有力投手に成長した。こちらもこれからの登板が楽しみになった。

 青学大は3番手で登板した長谷川陽亮投手が最速146km/hの速球で2回を3安打も1奪三振で無失点に抑えた。181cmの本格派で伸びのあるストレートを投げる。こちらも3年生で来年が楽しみな選手。

 初回2死一塁から4番・中村篤が右越え本塁打。3回にも右犠飛など3安打3打点と主砲の働きをみせた。前日の開幕戦で3三振を喫して途中交代させられていただけに「悔しくて帰ってから打ち込んだ。結果が出てほっとした。今年は各打者が打線のつながりを意識している」と胸をなで下ろした。


PAGE TOP