東北楽天、1位は公表せず!

大学野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

ニッカンスポーツ・コムに東北楽天のドラフト戦略について書かれている。それによると、1位指名候補の本命は東洋大・藤岡貴裕投手、明大・野村祐輔投手も各球団の外れ1位指名予想次第では、高校生投手の単独1位指名も考えられる、という内容だ。

東北楽天は春先に星野監督と同じ明大・野村祐輔投手の名前があがり、その後、東洋大・藤岡貴裕投手を中心としていた感じがある。チームが5位と低迷し岩隈投手の移籍がほぼ確実という中では、すぐに勝てる投手の可能性が高いと考えられる。また気になるのは山崎選手を戦力外としてあいた4番についてで、慶大・伊藤隼太選手の可能性も捨てきれない。

外れ1位だが、記事によると「速い」投手ということで、速いという印象では唐津商・北方悠誠投手や足立学園・吉本祥二投手が挙げられそうだ。

  •  - ” target=”_blank”>を見てください。

  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    シェアする
    ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

    コメント

    1. 東海大菅野が、原監督の甥ということで巨人の単独指名になるのはおかしい。これではいつになってもNPBの発展はない。一巡指名も抽選をやめてウェーバー方式にするべきだ。また指名権のトレードを認めて、ドラフトで強化するのか、トレードで強化をするのか、フロントの腕比べとするべき。そうすれば巨人は菅野欲しさにロッテにトレードを申し込むことになり、ロッテは一巡指名権を相互に交換したうえ、極端に言えば沢村を付けてくれと要求すればよい。巨人はそれを飲めないので、東野プラス翌年の一巡指名権で折り合って・・・・とこんな調子で遣り合えば、ドラフトの興味を一層盛り上げ、注目度が上がると思います。