福岡ソフトバンク、育成枠で岩手大・三浦翔太投手を指名!

三浦翔太, 岩手大

福岡ソフトバンクが育成枠で岩手大のアンダースロー・三浦翔太投手を指名するとスポーツ報知が報じている。三浦投手はアンダースローから浮かび上がるような137kmのストレートを投げ、岩手大のエースとして35勝27敗、毎シーズンほぼ全試合に登板した鉄腕投手だ。

負け数も多いものの防御率は1.86と好成績を残している。岩手大自体は4学年で合計30人しか部員がおらず、決して強いチームではなく、その中でも孤軍奮闘を行ったところだろう、35勝は素晴らしい成績だ。

パリーグには千葉ロッテの渡辺投手や埼玉西武の牧田投手などアンダースローの投手が活躍しており、福岡ソフトバンクもまずは育成枠で指名、プロでも通用するようであればすぐに昇格ということも考えられる。

  •  - ” target=”_blank”>を見てください。


  • PAGE TOP