中央大が初のノックと打撃練習、五十幡亮汰選手「進化したところを見せたい」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

中央大はこの日、自主練習再開後の初のノックと打撃練習を行った。

スポンサーリンク

王者

中央大は王者として秋のリーグ戦連覇を目指す。一昨年には春・秋に最下位となり、入れ替え戦で何とか踏みとどまっていたチームを押し上げた、牧秀悟選手、五十幡亮汰選手が最後のリーグ戦に向けて動き始めた。

抜群の俊足を持つ五十幡選手は、自粛危難中にプロの盗塁を動画で分析し、「日本ハムの西川選手やイチロー選手、福地選手も見た。進化したところを見せたい」と話した。五十幡選手は中学陸上で全国NO.1の足と、強い肩を持つ身体能力がずば抜けた選手だが、打撃や盗塁の技術に課題もあった。

しかし、大学では打撃で2年秋に打率.342でリーグ2位の成績を残し、昨年秋は9つの盗塁を記録するなど、リーグ戦の度に一歩一歩成長を見せている。

春のリーグ戦でどんな進化を見せるのかが楽しみだったが中止となり、その分、秋は足と打撃、外野守備で一気に進化を見せたい。

牧がいれば五十幡は無理して三盗はしなくても、牧がしっかりとヒットで返してくれる。もし牧がいなかったら、五十幡選手はもっと三盗をしていたかもしれない。牧も打席に入る時には必ず五十幡が二塁に立っていてくれる。そして外野に打球を飛ばせば必ずホームに還ってきてくれる。お互いのスペシャルな能力で、互いが抜群の信頼感でつながる牧、五十幡のコンビも、あと少ししか見られないかもしれないので、秋はしっかりと目に焼き付けたい。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「サニブラウンに勝った男」として話題を呼んだ俊足の五十幡は自粛期間中、プロの盗塁動画を徹底研究し「日本ハムの西川選手や(元マリナーズの)イチロー選手、(元ヤクルトの)福地選手も見た。進化したところを見せたい」と誓った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント