東都リーグ新加盟の平成帝京大、144キロ右腕・更田篤稔投手は今年中に2部昇格を目標に

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

1月から東都大学リーグに加盟した平成帝京大、河野監督は12日に対外試合を始める意向を示した。

スポンサーリンク

秋に2部昇格

平成帝京大は昨年秋まで千葉県大学リーグに加盟していたが、1月1日から東都リーグに加盟した。東都リーグは1部6大学、2部6大学、3部6大学、4部4大学となり、平成帝京大はまずは4部からのスタートとなる。

4年生になるエースで主将の更田篤稔投手は横浜高校出身の144キロ右腕、力のある球を投げるが、「春は4部で優勝して入れ替え戦も勝って3部へ。秋はそこで勝って入れ替え戦も勝って2部に上げることが目標」と、1年で2部まで昇格する目標を掲げた。

明徳義塾出身の河野監督は「走ることとバットを振ることはやっておけといっておいたのですが、思ったより振れているし、動けているかなと感じましたね」と、現在のチーム状況について話し、2月12日にも対外試合を始める意向を示した。

明徳義塾で活躍をした元屋敷大誠選手などもプレーするが、今後も明徳義塾などから選手が来ることも考えられる。2部にはその明徳義塾の馬淵監督を父にもつ馬淵烈監督の拓殖大がいるが、教え子対決も注目されそうだ。

帝京平成大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
帝京平成大が新加盟後初練習 最速144キロ右腕・更田篤稔はいきなりブルペン入り/東都
63年ぶりに東都大学野球連盟に新加盟した帝京平成大が1日、千葉・市原市のちはら台キャンパスグラウンドで今年の全体練習を開始した。

東都の今春リーグ戦は1部6校、2部6校、3部6校、4部は帝京平成含む4校で争われる。エースで主将の最速144キロ右腕・更田(ふけた)篤稔投手(3年)=横浜高出身=は「春は4部で優勝して入れ替え戦も勝って3部へ。秋はそこで勝って入れ替え戦も勝って2部に上げることが目標」と、初日からブルペン入りするなど意欲的だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント