今年の青森県のドラフト候補

秋山翔夢, 北條裕之, 八戸学院光星, 八戸学院大, 新井勝徳

 青森県のドラフト候補をピックアップします。青森県の高校野球は、青森山田と八戸学院光星の2強時代が続いている。2012年に光星学院が春・夏の甲子園で準優勝したものの、2013年は弘前学院聖愛が甲子園出場を決めた。しかし選抜は八戸学院光星が出場を決めている。

 大学も強豪が揃う。八戸学院大は八戸大時代からプロ野球選手を排出している。

 

ドラフト注目選手は

 八戸学院大は北東北大学リーグの雄、2010年に東北楽天ドラフト1位の塩見貴洋選手、埼玉西武ドラフト3位の秋山翔吾選手を排出しているが、今年もドラフト候補がいる。昨年の明治神宮大会で福岡大の梅野隆太郎選手と対戦したのがエースの秋山翔夢投手、180cmの大型左腕で注目されている。ちなみに秋山翔吾選手との血縁関係は無いようだ。

 球速は140km/h前後で迫力というよりは、コントロールを重視する。しかし奪三振数は多く、福岡大戦でも8安打7奪三振で2失点だった。球威がもっと出てくれば上位候補に挙がる可能性もある。

 同じく北東北リーグの強豪・青森大学にも候補がいる。180cmを超す阿部達世志投手と石川翔一投手が実力を発揮すれば非常に面白い。

 

その他、注目されそうな選手

 選抜高校野球大会には八戸学院光星が出場する。新井勝徳投手は186cmの大型投手。球速も143km/hを記録するが、多彩な変化球が持ち味の投手。北條裕之選手は北條史也選手(2012年阪神・ドラフト2位)の弟で、パンチ力があり守備のセンスも高い。その他の選手も素質が高く、選抜大会で活躍をすれば一気に評価が高まりそうだ。

 青森山田高校にも143km/hを投げるという山地大成投手や、既にプロが注目している期待の新2年生・水木海斗遊撃手などがいる。青森東などにも素質を持った選手がいるようで楽しみだ。

 


PAGE TOP