埼玉武蔵ヒートベアーズの田澤純一投手に巨人、DeNA、楽天、日本ハムスカウト視察

2020年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

今年のドラフト会議で指名対象となった埼玉武蔵ヒートベアーズの田澤純一投手に、巨人、DeNA、楽天、日本ハムのスカウトが視察した。

スポンサーリンク

149キロ1回2安打無失点

この日の神奈川戦の6回、田澤純一投手がリリーフで登板すると、1アウト三塁のピンチを背負ったものの、スプリットで空振り三振を奪い、最後はサードゴロに仕留めて得点を許さなかった。1回を投げて2安打1奪三振無失点、最速は149キロを記録した。

この日は、田澤ルールの撤廃が決まって初の登板となったが、巨人、横浜DeNA,東北楽天、北海道日本ハムの4球団のスカウトが視察、巨人の野間口貴彦スカウトは「一つ一つの精度はさすが。縦の変化も非常によかった」と話すと、横浜DeNAの武居邦生スカウトも「スピードも切れもあった。けん制も速いし、即戦力なのは間違いない。」と話し、即戦力として評価した。

田澤投手は、「ドラフトを意識せずに自分ができることを精いっぱい頑張ります」と話した。今後も、ドラフト会議の指名に向けアピールが続くとみられるが、リリーフを獲得したい球団が、どのくらいの順位で指名をしてくるのか注目される。

2020年度-独立リーグ・海外投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

巨人の野間口貴彦スカウトは「一つ一つの精度はさすが。縦の変化も非常によかった」と評価し、今後も視察を重ねる意向だ。「ドラフトを意識せずに自分ができることを精いっぱい頑張ります」と田沢。争奪戦が幕を開けた。 (花里 雄太)

 ▼DeNA武居邦生スカウト スピードも切れもあった。けん制も速いし、即戦力なのは間違いない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント