三菱重工神戸・高砂のルーキー・森翔平投手に7球団視察、巨人・中日・阪神が評価

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

昨年も関西大の149キロ左腕として注目され、来年のドラフト候補として注目される、三菱重工神戸・高砂の森翔平投手が8回4安打8奪三振1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

来年注目149キロ左腕

森翔平投手はこの日、都市対抗野球近畿地区2次予選のパナソニック戦で先発をすると、最速タイの149キロを記録したストレートと、チェンジアップ、カットボールを織り交ぜ、8回4安打8奪三振1失点の好投を見せた。試合は0-1で敗れた。

森投手は175cmの左腕投手で、ダイナミックなフォームからの球威が注目される。大学時代は4年生の秋に頭角を現すと、リーグ戦で2勝を挙げ優勝に貢献した。明治神宮大会ではリーグ戦で4勝を挙げた3年生エースの高野脩汰投手が故障したが、初戦の金沢学院大戦で8回0/3を7安打13奪三振無失点、決勝の慶応大戦では敗れたものの、7回0/3を投げて5安打6奪三振4失点と好投した。

ドラフト前にスカウトも興味を示したが、すでに三菱重工神戸・高砂に進むことを決めており、プロ志望届を提出せずに社会人野球に進んだ。

この日は今年のドラフト候補の視察を目的に7球団9人のスカウトがこの試合も視察をしたが、森投手について中日・米村チーフスカウトが、「左投手が成功する第一条件は制球力と思っている。森はまずコントロールが良い。変化球も豊富。カットボールに落ちる球も持っている。阪神の能見をほうふつとさせる」と評価すると、阪神の田中スカウトも「スピードも十分。間違いなく来年の上位候補」と話した。

また、巨人の岸スカウトは「力の伝え方が上手。変化球も精度が高く、即戦力になる」と話し、来年のドラフト候補として高い評価が聞かれた。

森投手は「今はプロを意識せず、チームの戦力になることが一番の目標」と話し、まずは今年の都市対抗出場を目指す。今年、この調子で活躍を続ければ、来年は春先から社会人NO.1左腕として注目されることになる。

2021年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

社会人1年目の左腕を7球団9人のスカウトが視察。巨人の岸スカウトは「力の伝え方が上手。変化球も精度が高く、即戦力になる」と高く評価した。しかし、ルーキーは「今はプロを意識せず、チームの戦力になることが一番の目標」と言い切った。

大学時代にも149キロを計測したことがあり、この日は自己最速タイをマーク。中盤からギアを上げると146、147キロを連発した。中日・米村チーフスカウトは「左投手が成功する第一条件は制球力と思っている。森はまずコントロールが良い。変化球も豊富。カットボールに落ちる球(チェンジアップ)も持っている。阪神の能見をほうふつとさせる」。阪神の田中秀太スカウトも「スピードも十分。間違いなく来年の上位候補」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント