オリックスがドラフト3位・来田涼斗選手に指名あいさつ、乾スカウト最初の担当選手の獲得

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスはドラフト3位で指名した明石商・来田涼斗選手に、牧田編成副部長、乾スカウトなどが指名あいさつを行った。乾スカウトにとって初の担当選手の指名となった。

スポンサーリンク

オリックスジュニアでコーチ

来田涼斗選手は小学校6年生の時にオリックスジュニアの選ばれ、乾絵美スカウトは当時、ジュニアチームのコーチをしていた。その縁もあり今年、来田選手の担当を任されると、「技術はもちろんですが、野球に対する姿勢がいい。ファンが来田選手を見たいと思ってもらえる選手になってくれると思ったので、それを推しました」と話す。

ドラフト会議では、オリックスは2位で高校生外野手の元謙太選手を指名すると、3位でも同じ高校生外野手の来田選手を指名したのは、乾スカウトの熱い思いが伝わったものとみられる。乾スカウトは指名の瞬間は、大阪の球団事務所で「絶叫しました。キターと叫んだと思います」と話した。

この日の指名あいさつで、「一球で仕留めてやろうと、ひしひしと感じる選手。1日でも長く1軍で活躍してほしい」と乾スカウトは話す。来田選手も「6年の時間がたって違う形で出会うことになって、縁があるなと思いました」と話し、「これまでも1番中堅でやってきたので、変わらず狙っていきたい。1年目から開幕1軍を狙う気持ちを忘れずにと言っていただいた。期待に応えられるようにやっていきたい」と応えた。

選手は親、高校時代のチームメイト、そして担当してくれたスカウトの思いも抱きながら、プロで活躍を目指す。元選手、来田選手が外野の2枚で活躍をすれば、乾スカウトの熱い思いが得点力不足のチームを変えたという事になる。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2020年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 《元ソフトボール日本代表・乾スカウト期待》オリックスの乾絵美スカウトが“教え子”とともに初の指名あいさつに臨んだ。来田が小学校時代に所属したバファローズジュニアでコーチを務めた間柄で、同スカウトにとって来田が初の担当選手。「めちゃめちゃうれしい。ずっと、お世話になっていた(来田の)ご両親に抱きつきたいくらい!」と良縁に感慨深げ。「“一球で仕留めてやろう”と、ひしひしと感じる選手。1日でも長く1軍で活躍してほしい」と期待した。

乾スカウトも「技術はもちろんですが、野球に対する姿勢がいい。ファンが来田選手を見たいと思ってもらえる選手になってくれると思ったので、それを推しました」と球団にプッシュ。ドラフト当日は大阪市内の事務所でテレビで見守った。無事指名した瞬間は、来田だけに「絶叫しました『キター』と叫んだと思います」と笑った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント