オリックス、育成3位の宇田川優希投手、5位の佐野如一選手と入団合意

2020年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスは、育成ドラフト3位で指名した宇田川優希投手、同じく育成ドラフト5位で指名した佐野如一選手(ともに仙台大)と入団合意した。二人とも支度金300万円、年俸240万円。

スポンサーリンク

支配下へ

ドラフト会議では、育成指名の場合には入団しない旨を伝えていた両選手で、オリックスが育成ドラフトで二人を指名した後は、入団拒否の姿勢も示していた。しかし、オリックスの熱意や、二人が受け皿なしのプロ志望だったことなどもあり、この日、仮契約を結んだ。

宇多川投手は最速152キロを投げる184cm86kgの大型右腕投手で、仙台六大学リーグや全国の舞台でもその球威と投球を見せていた。今年春も大勢のスカウトが注目していたが、プロ2軍の対戦やオープン戦、そしてこの秋のリーグ戦でも昨年を上回るような投球を見せられず、大学生の他の右投手が急成長をしたことなどもあり、ドラフト会議では思いも寄らない順位での指名となった。

実力は上位指名右腕と紙一重なところがある。それでもこの順位の差が表れたことの原因をまずは自分で理解し、それを生かすことができれば、支配下のスタートラインに立つことはできるだろう。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
仙台大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
オリックスが育成D3位・宇田川、5位・佐野と合意
 オリックスが育成ドラフト3、5位でそれぞれ指名した仙台大の宇田川優希投手(22)=184センチ、94キロ、右投げ右打ち、佐野如一外野手(22)=174センチ、80キロ、右投げ左打ち=の入団が21日、決まった。ともに支度金300万円、年俸240万円で合意した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント