阪神、ドラフト7位指名の高寺望夢選手と仮契約、「できるだけ早い段階で1軍に」

2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は、ドラフト7位で指名した高寺望夢選手と、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約を交わした。高校卒ショートとして、小幡竜平選手などとポジション争いをしていく。

スポンサーリンク

プロの世界でショートを守れるような選手に

高寺望夢選手は、上田西高校で主軸を打つ遊撃手として、高校通算31本塁打を放った。プロ志望高校生合同練習会でもシート打撃で6打数5安打を記録、50m6.0秒の足に、ショートの守備でも安定感を見せた。

高寺選手は「プロの世界でもショートを守れるような守備力をつけて、負けないように頑張りたい」と話す。その視線は、高校卒2年目で1軍デビューし、主に守備でファンを魅了するプレーを見せる小幡選手に向けられた。

小幡選手のプレーを映像で見て、「守備もすごくて、バッティングも打率を残せる。」と話し、刺激を受けた。その小幡選手をはじめ、木浪選手、今年ドラフト6位で指名した中野拓夢選手などともポジションを争っていくことになる。

担当の平塚スカウトは「1年目でも2年目でも、早いに越したことはない。」と早期に1軍デビューすることを期待し、高寺選手も「できるだけ早い段階でいけたいいと思います」と話した。小幡選手の高校時代のプレーは、プロですぐに通用するレベルだったが、高寺選手はまだまだ及ばない。一方で、打撃ではセンスやパンチ力を感じさせる。まずはプロの一定レベルでの守備力を身に付け、打撃でアピールをしたい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
阪神ドラ7・高寺 目指すは高卒2年目プチブレークの“小幡ロード” 「できるだけ早く1軍にいけたら」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 阪神からドラフト7位指名された上田西・高寺望夢内野手(18)が21日、長野市内のホテルで入団交渉し、契約金2000万円、年俸480万円(金額は全て推定)で仮契約。阪神の今ドラフト唯一の高校生が、早期活躍へ意気込んだ。
【阪神】ドラ7高寺望夢が仮契約「プロの世界でもショートを」 今ドラフト唯一の高校生
 阪神からドラフト7位指名された上田西高・高寺望夢内野手(18)が21日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約を結んだ(金額は推定)。
阪神ドラ7 高寺が契約金2000万円で仮契約 今ドラフト唯一の高校生/デイリースポーツ online
 阪神からドラフト7位指名を受けた高寺望夢内野手(18)=上田西=が21日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約した。 チームの今ドラフト指名、唯一の高校生。平塚スカウトは「早いに越したことはない」と早期での1軍デビューに期待する。高寺本人も「できるだけ早い段階で(1軍に)行ける...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント