佐々木朗希投手の153キロ投球に9球団スカウトが評価

佐々木朗希

大船渡の佐々木朗希投手が、侍ジャパンのユニフォームを着て登板した。駒澤大とのWヘッダーの練習試合の1戦目、9回に登板し1回1奪三振無失点の投球を見せた。

153キロ

リリーフで登板した佐々木投手は、岩手大会の時と同じく、足を大きく上げてからバッターの近くでリリースする大きなフォームで投げると、ストレートは153キロを記録し、大学1,2年のバッターも空振りをした。

先頭バッターには150キロを4球続けて追い込むと、最後にフォークで空振りを奪った。佐々木投手のフォークは岩手大会で140キロを記録しており、捕手の水上選手も「どう落ちるか分からない」と話す。この球はスライダー気味に曲がり、左バッターの足元に食い込むように曲がった。四球を許したものの1回を投げてノーヒット1奪三振で無失点、「先発と違って自分のリズムを作れないので、難しいところもありました」と話すものの、上々のマウンドだった。

9球団20人超のスカウト視察

この日は他にも注目選手が集まったものの、9球団20人のスカウトが視察に訪れ、佐々木投手を再確認した。

◎巨人・織田スカウト:「久しぶりの実戦でもフォームのバランスよく投げていた。最大出力じゃなくとも、キレも球威もほれぼれするくらい」

◎横浜DeNA・吉田スカウト部長:「4月の候補合宿以来にみましたけど、球のキレが良くなっているし、コントロールもいいし素晴らしい。ブランクも全く感じなかった。高校屈指の投手。フォークもあるし、あらゆる打者を抑えられる。抑えのような形で出るのか、先発なのか楽しみ。いいのは分かっているし、見るたびにしっかり成長している。まだこれから伸びると思います。」

◎阪神・吉野スカウト:「非常にいい投手。体の使い方のバランスがいい。膝が動く投手が多い中で、はまって投げることができる。変化球を真っすぐとおなじように強い腕の振りで投げられている。短いイニングも問題なくこなせるでしょう」

◎中日・近藤スカウト:「球の回転、質はよかった。体が大きい割にしっかり体重移動ができて、投げ切れているところが一番いい。さすがだなという球が拝見できてよかった」

◎東京ヤクルト・中西スカウト「ボールを投げる感覚が素晴らしい。久しぶりの登板でも良いボール、再認識した。即戦力ですよ」

◎北海道日本ハム・山田スカウト顧問:「見たのは寒かった3月末以来。実戦を離れていてもこのクラスになると影響はないのかな。今回はフォークボールを見ることができた。軸がしっかりしているので、制球がいい。スライダーも良くなっていた。」

◎北海道日本ハム・今成スカウト:「本人は60点と言ったみたいだけれど、いやいや、すごい。ダルビッシュの高校時代よりいいかも」

◎東北楽天・後関スカウト部長:「力を抑えても150キロも出るんだからすごい。決勝で投げなかったことで何かあったのかと思ったけど、問題がなかったんだろうなと分かった、投げただけで十分。奥川君ももちろん素晴らしい。ただ、あくまで素材、ポテンシャルだけで考えれば、佐々木君が一番です」

◎千葉ロッテ・小林スカウト:「まだまだ余力たっぷりという感じがしました。ボール自体は素晴らしい」

◎オリックス・古屋編成副部長:「実戦を離れていてもこれだけ投げられるのはすごい。奥川君と佐々木君は毎年出てくる投手じゃない。松阪とか田中ぐらいになれる素材。近い将来、必ずチームの軸になる投手」

「7、8割。久しぶりの投球で難しいところはあったけど、しっかり対応はできたかな」という佐々木投手だが、それでもダルビッシュ投手と比較されるくらいの力を見せる。まだまだ底知れない感じ。26日の壮行試合でも、6,7割という投球となりそうで、韓国に入ってから捕手が受けられるのを確認しながら力を上げて行き、最大出力はW杯で見せる事になりそうだ。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2019)一覧

▽巨人織田スカウト「久しぶりの実戦でもフォームのバランスがよく、キレも球威もほれぼれするくらい」
▽DeNA吉田スカウト部長「高校屈指の投手。いいのは分かっているし、見るたびにしっかり成長している」
▽阪神吉野スカウト「非常にいい投手。体の使い方のバランスがいい。膝が動く投手が多い中で、はまって投げることができる」

左足を大きく上げるダイナミックなフォームで放たれた直球がミットを叩き、激しい衝撃音が響いた。佐々木が投じた1球目に、球場周辺からは「おお!」と歓声。非公開の練習試合でも、剛腕の噂を聞きつけたファンが球場の道路沿いに約100人集まっていた。

岩手大会決勝の登板を回避して甲子園出場を逃したが、バックネット裏に国内9球団のスカウトらが集結。佐々木は「7-8割」の力で投球し、DeNAのスカウトのスピードガンで最速153キロを計測。15球のうち直球は10球で、9球が150キロを超えた。


PAGE TOP